1か月3万円の配当金を受け取るためのポートフォリオとは?

配当金のポートフォリオを考える

株式からの配当金が定期的に入ってくる状態になると、日々の生活が少しずつ豊かになってきます。

 

配当金が数百円、数千円の時はあまり感じられないかもしれませんが、配当金が1か月3万円(税引後の手取り)を超えてくる頃には、そのありがたみがヒシヒシと実感できます。

 

給料とは別に、毎月3万円が入ってくると、経済的な面だけではなく、精神的な面でも、余裕が出てきます。

 

では、そのような状態を実現するには、どのようなポートフォリオを構築すればよいでしょうか、どの企業にいくら投資すれば達成できるのでしょうか?

 

1か月3万円の配当金(税引後)を受け取れるポートフォリオについて、投資する企業の組み合わせを考えてみました。

 

なお、実際に投資をする際には、自己責任で決定してください。

 

投資対象企業のピックアップ

一極集中を避けて、分散投資をするために、減配しない「累進配当ブラザーズ」+優良高配当株の合計10社をピックアップしました。

 

三菱商事三井住友FGドコモJTキヤノン三菱UFJリースブリヂストン積水ハウスオリックス東京海上HDの合計10社です。

 

これらの企業の中から組み合わせて、配当金受取り用のポートフォリオを考えてみます。

1か月3万円の配当金ポートフォリオ

以下の組み合わせで、1か月3万円の配当金(税引後の手取り)を受け取れます。

 

ちなみに、1か月1万円の配当金なら下記パターンの3分の1、1か月30万円の配当金なら下記パターンの10倍の株数をそれぞれ購入すれば達成可能です。

 

●パターン1:安定重視

毎月3万円の配当金パターン1

安定を重視して、時価総額の大きい順で組み合わせてみました。

(もちろん、時価総額だけでは判断できませんが、ここでは一つの基準として使っています)

 

⇒現在の時価総額は、概算でドコモ9兆6千億円、三井住友FG 4兆2千億円、JT3兆8千億円、三菱商事3兆4千億円、東京海上HD 3兆3千億円。

時価総額では、ドコモが三井住友FGの2倍以上と圧倒的であることや、JTの方が三菱商事・東京海上より上位であることが、ちょっと意外な感じがしますね。

 

⇒上記の銘柄・株数を購入すると、年間の税引後配当金が約36万円になりますので、平均1か月約3万円の配当金が受け取れます。

 

●パターン2:株主優待も楽しむ

毎月3万円パターン2

配当金にプラスして、株主優待も楽しめるという観点で、オリックスを組み入れています。

JTも株主優待を実施しているので、JTとオリックスの優待を楽しみつつ、1か月3万円の配当金を受け取れる組み合わせです。

オオサンショウウオのぬいぐるみ~大人気の8591オリックス株主優待~
私が保有する高配当株式の一つに、8591オリックスがあります。 オリックスは、株主優待を実施していて、カタログギフトが100株以上保有の株主に贈られてきます。 オリックスの株価は約1,800円(100株で約18万円)で、...

 

⇒このパターン2は、安定重視のパターン1よりも、必要な投資額は下がります。現在の配当利回りが相対的に高いオリックスが入るからです。

 

●パターン3:分散重視

毎月3万円パターン3

分散を重視して、今回ピックアップした10社全てに投資するパターンです。

 

⇒現在の配当利回りが相対的に低い銘柄も入りますので、パターン1から3の中では、必要投資額が一番高くなります。その代わり、リスク分散の効果は一番高いと考えられます。

 

●番外編:配当利回り最重視

毎月3万円番外編

⇒配当利回り8%に迫る、超高配当株のJT1社だけに投資するパターンです。

 

⇒みんな大好き!? JTへの集中投資。私も密かに憧れているのですが、なかなか踏み切れません。

 

⇒1社への集中投資ですので、リスクは相当上がりますが、パターン1から3と比べて、必要な投資額は100~200万円以上も少なくなります。

 

※必要な投資額の考え方について

もしかすると、上記パターンに必要な投資額を見て、こんなにお金が必要になるのかと、がっかりしている方もいるかもしれません。

 

しかし、高配当株には素晴らしい特長があります。

 

それは、「増配が行われることで、自動的に配当利回りと配当金がアップしていく」ということです。

 

増配傾向が継続した場合、配当利回り10%を超えることも、十分あり得ます。その場合、上記パターンで必要な投資額は半分以下になります。詳細は下記記事をご参照ください。

投資資金が少なくても大丈夫!~配当金の増配で配当利回り10%超えも夢じゃない~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

まとめ

給料以外に、毎月3万円の配当金が入ってくる状態を実現するには、どのようなポートフォリオを組めばいいか、パターンを上記のように挙げてみました。

 

あくまでも、これはいろんなパターンがある中での、事例の一つに過ぎません。

投資をする人の考え方次第で、無数のパターンがあります。

 

ぜひ皆さんも、自分なりのパターン、ポートフォリオの内容について、考えてみて下さい。それも、結構楽しいですよ!

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

「先に高配当株へ投資する」VS「後で高配当株へ投資する」
配当生活やセミリタイアなどを目指す投資戦略として、次の正反対とも思える方法が2つあります。 1.先に高配当株へ投資して、配当金をもらいつつ、将来受け取る配当金の増額を目指す方法 2.先にキャピタルゲイン(...
高配当株投資の株価下落リスクは、配当金でカバーできるのか?~JTをモデルに考えてみる~
高配当株への投資は、高い配当利回りと配当金が得られるという特長を持っています。 一方、リスク面では、配当については減配リスク、株価については、事業環境や株式市場全体の動向に影響される側面もあり、株価下落リスクがあります...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
投資戦略
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント