時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する

配当生活をするには、多額の元本が必要です。

 

例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。

※1億2千万円×3%=360万円/年=30万円/月

 

こう計算すると、1億2千万円の元本を用意することなど、到底不可能ではないかと感じてしまいます。

 

しかし、高配当株には素晴らしい特長があります。

それは、「増配が行われることで、自動的に配当利回りと配当金がアップする」ということです。

高配当株の4つの魅力とは?
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 1.不労所得を半永久的にゲット! 配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっ...

 

高配当株の会社は、株主還元の意識が高く、毎年のように増配を実施する傾向があります。

そのため、現在の配当利回りが3%でも、増配が継続的に行われると、数年後には配当利回りが5%を軽々と超えていきます。

 

ですので、たとえ当初の投資元本が少なめであっても、

増配で配当利回りアップ ⇒ 受取り配当金が増える ⇒ 配当生活が可能になる

ということが想定できます。

 

必要な元本の試算

冒頭の例で考えると、税引後の配当利回りがアップすると、1か月30万円(=年間360万円)の手取り配当金を受け取るために必要となる元本は、どんどん減っていきます。

 

[年間360万円の手取り配当金を得るために必要な元本の試算]

※配当利回りは税引後

配当利回り3%なら、1億2千万円の元本が必要(1.2億円×3%=360万円/年)

配当利回り4% → 9千万円の元本が必要(9千万円×4%=360万円/年)

配当利回り5% → 7千2百万円の元本(72百万円×5%=360万円/年)

配当利回り6% → 6千万円の元本(6千万円×6%=360万円/年)

配当利回り7% → 5千2百万円の元本(52百万円×7%=360万円/年)

配当利回り8% → 4千5百万円の元本(45百万円×8%=360万円/年)

配当利回り9% → 4千万円の元本(4千万円×9%=360万円/年)

配当利回り10% → 3千6百万円の元本(36百万円×10%=360万円/年)

 

なんと、配当利回りが3%と10%の場合では、必要元本の差が8千4百万円もあります!

この差は、言うまでもなく、非常に大きいです。

将来、増配が継続して行われるのであれば、毎月30万円の配当金を得るために、冒頭の試算のように1億2千万円も必要ありません。それより8千4百万円も少ない、3千6百万円で手に入れることができます。

 

必要な配当利回りの試算

次に、配当利回り10%という数字が現実的なのかどうか、検討してみます。

例えば、現在、高配当株のJTの配当利回りは約5.3%、直近3年の配当金は以下の通りです。

 

2016年12月期:130円(前年比10%増)

2017年12月期:140円(前年比8%増)

2018年12月期予想:150円(前年比7%増)

※直近3年の配当金の前年比増加率は、平均8.3%

 

上記の数字から、ここでは仮に、今後、前年比平均8%の増配が続くと想定します。

また、現在のJTの株価・配当利回りから想定して、株価3,000円・配当利回り5%(=税引後の配当利回り4%)でJT株式を購入したと仮定します。

 

[増配シミュレーション] ※増配率8%、配当利回りは税引後で試算

2018年12月期:配当金150円 → 配当利回り4.0%(150円/3,000円×80%)

2019年12月期:配当金162円 → 配当利回り4.3%(162円/3,000円×80%)

2020年12月期:配当金175円 → 配当利回り4.7%(175円/3,000円×80%)

2021年12月期:配当金189円 → 配当利回り5.0%(189円/3,000円×80%)

2022年12月期:配当金204円 → 配当利回り5.4%(204円/3,000円×80%)

2023年12月期:配当金220円 → 配当利回り5.9%(220円/3,000円×80%)

2024年12月期:配当金238円 → 配当利回り6.3%(238円/3,000円×80%)

2025年12月期:配当金257円 → 配当利回り6.9%(257円/3,000円×80%)

2026年12月期:配当金278円 → 配当利回り7.4%(278円/3,000円×80%)

2027年12月期:配当金300円 → 配当利回り8.0%(300円/3,000円×80%)

2028年12月期:配当金324円 → 配当利回り8.6%(324円/3,000円×80%)

2029年12月期:配当金350円 → 配当利回り9.3%(350円/3,000円×80%)

2030年12月期:配当金378円 → 配当利回り10.0%(378円/3,000円×80%)

 

あくまでもシミュレーションですが、前年比で増配率8%が続けば、12年後には税引後の配当利回りが10%に到達します。

いろいろな条件に左右されることではありますが、税引後の配当利回り10%というのは、上記の通り、現実的に見ても可能なことであると考えられます。

 

しかも、この期間中、特に何もせず、保有し続けているだけで、税引後の配当利回りが10%になるわけです。

 

時間(将来の増配)の大きな効果

上記のシミュレーションによると、現時点で税引後の配当利回りが4%だとしても、増配が行われることで、何もしなくても12年後には、税引後の配当利回りは10%になっています。

 

また、シミュレーション上では今後12年間、何もせず保有し続けているだけです。

けれども、実際には何もしないわけではなく、受取り配当金の再投資や給料からの入金、値上がり期待株の売却益からの入金投資などを、積極的に高配当株に対して行います。

その分、配当金もどんどん増えていきますので、12年待たなくても、もっと早く毎月30万円の配当金を達成する可能性も高まります。

 

高配当株を長期間保有する効果、将来の増配による効果は、非常に大きいです。

ですので、10年~20年という期間で考えれば、毎月30万円の配当金や、それ以上の配当金を得ることは、決して不可能な夢物語ではなく、現実に手が届くことなのです。

 

配当生活に必要な元本の大きさに、恐れおののき、絶望することはありません。配当生活は、実現できる夢なのですから。

希望を胸に、時間を味方につけて、将来の増配の効果を楽しみましょう。

 

10年後でも、今20代の方ならまだ30代、今30代なら40代、今40代なら50代、今50代なら60代です。まだまだ若いし、元気な状態でリタイアできます。株式市場次第では、10年も必要ないという幸運なケースもあるでしょう。

 

もちろん将来のことですので、いろいろなケースが考えられますし、上記の試算通りになるとは限りません。

ですが、ざっくりとしたイメージで、「高配当株を10年~20年間保有し続けると、税引後の配当利回りは10%を超える」という想定で、日々の投資活動を検討し実行していくと、将来良い結果につながるのではないかと思います。

 

まとめると、配当生活の達成のためには、以下が重要と考えられます。

1.できるだけ早めに(なるべく若いうちに)

2.できるだけ多めに(収入は可能な限り投資資金にする)

3.高配当株を買って持ち続ける(時間を味方にして、増配の効果を最大限に受け取る)

 

配当生活を目指して、皆さんと一緒に投資活動を頑張っていけたら、とても嬉しいです。

JT(高配当株)~配当利回り5%超・15年以上減配なし~
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...
三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)~累進配当を対外的に宣言~
8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討します。 ...

コメント