【2020年版】8058三菱商事(高配当株)~累進配当を対外的に宣言し継続・コロナショックでも増配!~

配当金の象徴

三菱商事の2020年3月期本決算の発表がありましたので、2020年版の内容に更新しました。

 

8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

三菱商事の予想配当利回りは、約5.6%もあります。基準1は余裕でクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

三菱商事の配当金の推移

2016年3月期:50円

2017年3月期:80円(前年比60%増)

2018年3月期:110円(前年比38%増)

2019年3月期:125円(前年比14%増)

2020年3月期:132円(前年比5%増)

2021年3月期予想:134円(前年比2%増)

 

※発表済の中期経営計画2021の資料の中において、想定では2021年度(2022年3月期)に配当金は200円前後との記載があります。

仮に、配当金200円と現在株価で試算した場合、配当利回りは8%にもなります。

 

三菱商事は、毎年増配を継続していることから、基準2もクリアです。

 

新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって、事業環境が悪化する中でも、増配予想を出しています。それができるだけの強固な利益構造と財務基盤を、三菱商事は持っているとも言えます。

 

2016年5月の決算発表にて、三菱商事は、「累進配当政策」を採用することを対外的に発表し宣言しました。

 

累進配当政策とは、減配せず、少なくとも前年の配当金額を維持するか、または増配を実施するという配当方針です。

 

これは、株主にとっては、非常にありがたく、驚異的にメリットがあることです。

 

たとえ、業績が悪い年でも、最低でも前年の配当と同じ金額は維持される上に、業績好調な年は増配が実施されるのですから。

 

累進配当政策が継続される限り、同社株式を買った時以降、配当金が上がることはあっても、下がることはありません。

 

他の高配当の優良企業でも、実質的に前年配当維持または増配という配当政策を実施している会社はありますが、三菱商事のように、対外的に累進配当政策を公約までしている会社は、ほとんどありません。

 

他社で累進配当政策を宣言しているのは、大手では三井住友フィナンシャルグループくらいだと思います。

【2020年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を続ける企業たち~
2019年12月期本決算会社の決算と配当予想発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2020年版に更新しました。 2020年版では、累進配当ブラザーズに新たに1社が仲間入りしています。 夢の配当生活を実現する...

 

累進配当政策の対外的な宣言は、世界中の機関投資家・個人投資家への約束になりますから、非常に重みがあります。

 

三菱商事の現在の配当利回り約5.6%で買えば、累進配当政策が継続される限り、将来にわたって、配当利回りが5.6%以上になります。

 

累進配当政策では、配当金は、最低でも前年配当を維持するので、配当利回りが下がることもありません。

 

この累進配当政策を、三菱グループの中核会社で総合商社首位の三菱商事が、国内と世界中の機関投資家・個人投資家に向けて宣言しているのですから、その名にかけても、累進配当政策を簡単に変更することはない、と考えられます。

 

コロナショックの中、2020年5月に開催された三菱商事の決算説明会においても、同社は以下のように説明しています。

 

「事業環境の悪化を受けて業績が下がっている中でも、累進配当のお約束はお守りしている。また、自社株買いにより1株当り利益は上昇しているので、株主の皆様にそのメリットを実感頂けるよう、配当総額は維持し、自社株買いによる株式数の減少を反映させることで、1株当り配当を増額している。このように、引き続き配当を中心とした株主還元を積極的に実施していく方針である」

 

また、2020年6月発行の株主通信においても、以下のような社長メッセージを掲載しています。

「財務規律は維持し、事業ポートフォリオの入替も進み、事業環境の悪化への耐性を堅持している状況を踏まえ、この厳しい環境下でも経営の揺るがない意思を込めて(減配しない)累進配当を継続するものです。」

 

⇒いやあ、しびれますね。カッコいい、さすが三菱商事!

”経営の揺るがない意思を込めて” ですからね。ここまで社長に言って頂けると、減配はしないんだなと安心して株式を保有することができます。

 

経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、三菱商事の累進配当・増配傾向は続くと考えられます。

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

三菱商事は、売上高14兆円以上、時価総額3兆7千億円以上、日経平均225銘柄の一つであり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

基準4.業績が好調または堅調であること

三菱商事は、総合商社の首位で、資源エネルギー、機械、食品、化学品、金属、インフラなど各種の事業を行っています。

就職人気ランキング上位の常連で、日本でも有数の優秀な人材を抱えています。

多数の子会社で事業を展開しており、コンビニのローソンも、三菱商事の子会社です。

 

事業基盤が分厚く、事業ポートフォリオのバランスが良いところが、三菱商事の強みです。一つの事業で、ちょっとやそっとの損失があっても、びくともしません。

まさに、盤石と言ってもいい、企業体力です。

 

2020年8月に、あの世界最高の投資家、投資の神様とも言われるウォーレン・バフェット氏が、日本の総合商社株を大量に購入しました!もちろん、三菱商事も買付けの対象です。

 

バフェット氏の三菱商事株式の保有比率は5.04%。今後、最大で9.9%まで買い増す可能性があるとのことです。

 

これは、三菱商事の現在株価が割安だとバフェット氏が考えていることを世界に示した結果になり、発表後、三菱商事の株価は上昇傾向を継続しています。

株価が割安=今後、事業拡大で業績上昇・利益増加するとバフェットが考えているということですので、期待感が高まります。

 

業績の数字には、年により多少のアップダウンがありますが、おおむね業績は堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、三菱商事は買いと判断しています。

 

特に、減配をしない累進配当政策を対外的に公約していることと、総合的な事業基盤の盤石さ・安定感が非常に魅力的です。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

優良な高配当株を選ぶ手順・方法~配当利回りランキングを使って~
高配当株と一口に言っても、配当利回りが高い企業は、たくさんあります。 これらの多くの企業から、投資に値する優良な高配当株を、どのように選べば良いのでしょうか? 高配当株を選ぶ方法は、いろいろあると思いますが、今回...
リーマンショックの時も減配しなかった企業たち~株主還元意識と企業体力~
あの世界経済を震撼させた“リーマンショック“が起きてから、早くも10年以上が経ちました。 その時に、高配当株企業は、自社の配当について、どのような判断をしたのでしょうか。 過去の事実がそのまま未来に当ては...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
高配当株
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント