高配当株の4つの魅力とは?

高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。

知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。

 

1.不労所得を半永久的にゲット!

配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっと、半永久的に、もらい続けることができます

 

そして、その配当金は、働かなくても、何もしなくても、他の自分の好きなことをしていても、入金されます。配当金は、完全な不労所得です。

 

奥さん・旦那さんや子ども・孫に、高配当株を残してあげれば、子孫代々、家族がお金に困ることはないですし、お金のために働く必要もありません。

 

2.ストレスフリーの安心感!

高配当株は、買った後は基本的に持ち続けるだけです(但し、減配があれば売却)。

ですので、株価の上げ下げに一喜一憂する必要もなく、ストレスから解放されます。

 

高配当株は、配当金が維持または増配されている限り、仮に含み損の状態でもOKです。

というか、配当金が維持または増配されている以上、高配当株の株価が大きく下がることは、ほぼありませんので、大きな含み損を抱える可能性は低いです(理由は下記3ご参照)。

 

配当金が維持または増配されている間は、ずーーーーーーーーーーーっと、何もしなくても、配当金を受け取ることができます。

だから、株価の上げ下げを気にする必要はあまり無く、高配当株は、買った後は基本的に持ち続けているだけで大丈夫です。

(毎期の1株当たり配当金に関するニュースは、チェックする必要があります。)

 

この保有している間の安心感、ある意味、ほったらかしでもOKという点は、高配当株の大きな魅力です。

 

3.株価が下がりにくい!

高配当株は、株価が下がると、元々高い配当利回りがさらにアップします。

 

そのため、高配当株の株価が下落して配当利回りがアップした段階で、配当金狙いの投資家からの買いが入ってきます。

ですので、高配当株の株価が、新興市場の株のように、一方的に下落し続けるというリスクは低いです。

 

[例]

・株価が1株1,000円、配当金が年間30円=配当利回り3%(30円/1,000円)の高配当株A社を想定します。

 

・このA社の株価が900円に下がると、配当利回りは3.3%(30円/900円)にアップします。

 

・すると、「おっ、A社の株を配当利回り3.3%で買えるとはお得だな」と考える投資家が買いを入れてきます。

 

・その結果、A社の株価は900円で下げ止まります。

 

4.増配で自動的に配当利回りと配当金がアップ!

高配当株の会社は、株主還元の意識が高く、配当は毎年増配される傾向が高いです。

そして、自分が保有している高配当株が増配を行うと、自動的に配当利回りがアップします。

 

[例]

・株価が1株1,000円、配当金が年間30円=配当利回り3%(30円/1,000円)の高配当株B社の株式を2,000株買ったと想定します。配当金は6万円(2,000株×30円)です。

 

・その後、このB社が、配当金を年間40円に増配すると、自分の購入価格ベースでの配当利回りは4%(増配後配当金額40円/購入価格1,000円)にアップします。この時の配当金は8万円(2,000株×40円)です。

 

⇒増配の前と後で、配当利回りは3%から4%にアップ

⇒増配の前と後で、配当金は6万円から8万円にアップ

 

そして、これらの変化が起きている間、自分は実質的には何もしていないわけです。ただ、この高配当株のB社株式を持ち続けていただけです。

 

なのに、増配があると、配当利回りはアップし、受け取る配当金もどんどんアップしていきます。今後、再び増配が行われると、さらに配当利回りと配当金はアップしていきます。

 

ここが、高配当株の素晴らしいところです。

 

よって、早め早めに高配当株を買っておくと、将来お得になります。

高配当株は、増配が行われることで、数年後には、配当利回りが超高い、含み益もいっぱいのお宝株になっていきます。

まさに、高配当株は、ジャックと豆の木の童話に出てくる、「金の卵を産むニワトリ」です。配当金という金の卵を産み続けてくれます。

 

私の理想とする配当利回りは税引後で4%ですが、現時点で配当利回りが3%台であっても、増配傾向の高配当株は買いの対象としています。

その理由は、上記のように、将来増配が行われることで、今3%台でも、数年後には配当利回り4%を軽々と超えていくことが想定されるからです。

 

高配当株を100万円分買ったら、10年後・20年後には、配当利回り20%・含み益数百万円の超お宝株に育っているかもしれません。

そんな将来をイメージしながら、高配当株へ投資するのも楽しいですね。

 

最後に

私の大好きな株の格言をご紹介します。

かのアメリカの超大富豪、ジョン・D・ロックフェラーが、次のような言葉を残しています。

「私のたった一つの楽しみをご存じですか? それは配当金が配達されてくるのを見ることです。」

 

JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...
三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)
8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討します。 ...
配当生活も初めの一歩から
配当生活のための投資元本について、当面の私の目標額は5千万円です。 5千万円で配当利回り3%とすると、税引後で、1か月10万円の配当金が受け取れます。 5千万円×3%×80%(源泉税が約20%あるので)=120万...
積み立ての効果
前回書きました、投資元本を貯めるための2番目の方法「給料からの毎月積立て」です。 これは非常に重要になります。 なにせ株式に投資しようとしても、元本となるお金がないと始まりません。 その方法ですが、まず、給料が振り...
投資対象を分割する理由
前回の記事で投資用元本を以下の2つに分けて投資する、という戦略を書きました。 1.全体の60%を値上がり期待株に投資して、元本の増加を目指す。 2.全体の40%を高配当株に投資して、受取配当金の増加を目指す。 本来は、...
がんばった自分へのご褒美に【ゴディバ】

 

大切な人に贈りたいチョコレートギフト【ゴディバ】

コメント