高配当株10社の配当利回りの水準を考える~今の水準は割安?~

高配当株の配当利回りには、いろいろな幅があります。

配当利回りが2%程度のものもあれば、6%を超えるものもあるなど、さまざまです。

 

今回は、優良な高配当株10社について、現在の配当利回りの水準が、過去10年の水準と比較して割安なのかどうか、検討してみました。

 

配当利回りの式

配当利回りは、以下の式で計算されます。

●配当利回り=1株当たり配当金/株価

 

⇒つまり、配当利回りがアップするのは、

①配当金が増えるか、または②株価が下がった場合です。

 

⇒配当利回りが高い株を見つけた時、①と②のどちらが原因なのか、見極めることが大切になります。

 

⇒理想は①ですが、②が全て駄目というわけではありません。

株式市場全体の下落や、業績に大きな問題がないのに、大口投資家の思惑や外部環境要因で、株価が一時的に下がっている場合もあるからです。この場合、いずれ株価は上昇していきますから、大きなチャンスとも言えます。

なお、①②の両方が原因で、配当利回りがアップしている場合もあります。

 

累進配当ブラザーズ5社の水準について

優良な高配当株の代表として、まず累進配当ブラザーズの5社について、現在の配当利回りの水準を、過去10年の水準(ここでは各年末時点)と比較して検討します。

なお、以下では株式分割を考慮した調整後の数値となっています。

 

累進配当とは、減配をせず、少なくとも前年と同額の配当か、または増配を行う、素晴らしい配当方針のことです。

この累進配当を長年継続している、以下の5社を、私は累進配当ブラザーズと呼んでいます。

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が「累進配当ブラザーズ」と密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当...

 

1.JT

JTの過去10年について、年末時点の株価・配当金・配当利回りをまとめたグラフです。

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り6.9%・株価2,229円

 

配当利回り(赤線、右軸:過去10年きれいに右肩上がり。10年間で見ると、現時点の配当利回りが一番高い水準。

 

配当金(緑の棒):毎年増配で順調に増加。素晴らしい実績。ここ10年、減配なし。現在の配当金は、10年前の約5倍に増加。

 

株価(青線、左軸):上昇していた株価が2015年を境にして下落傾向に。JTの業績は比較的堅調ですが、為替要因や、タバコ事業自体を敬遠する機関投資家などに、株価は大きく影響されていると考えられます。

【2019年版】2914JT(高配当株)~累進配当を15年以上継続・配当利回り5%超~
JTの2018年12月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、...

 

2.キヤノン

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り5.8%・株価2,761円

 

配当利回り:ほぼ右肩上がり。過去10年では、現時点の配当利回りが一番高い水準。

 

配当金:累進配当を継続しながら、じりじりと少しずつ増加。ここ10年、減配なし。

 

株価:上下動しつつ、おおむね横ばいでしたが、直近では下落傾向。19年7月に、業績下方修正も発表。今後の業績推移、及び配当金が維持されるかに注目。

【2019年版】7751キヤノン(高配当株)~減配しない累進配当を30年以上継続!~
キヤノンの2018年12月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 7751キヤノンは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 ちなみに、私も投資を始めてから知ったのですが、...

 

3.ドコモ

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り4.5%・株価2,616円

 

⇒配当利回り:12年末の4.8%が最も高く、次いで現時点の4.5%という水準。

 

⇒配当金:過去10年、順調に増加。ほぼ毎年のように増配。さすがキャッシュリッチな携帯電話事業。ここ10年、減配なし。配当金は、10年前の約2.3倍に増加。

 

⇒株価:おおむね右肩上がり。

【2019年版】9437NTTドコモ(高配当株)~減配しない累進配当を上場以来20年以上継続~
NTTドコモの2019年3月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 9437NTTドコモは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に...

 

4.三菱商事

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り4.8%・株価2,578円

 

配当利回り・配当金:ここ10年を見ると、乱高下しています。これは、以前は、三菱商事の配当が業績連動だったためです。

しかし、16年5月に、累進配当政策の採用を対外的に宣言。以降は、配当金・配当利回りともに、順調に右肩上がりです。

配当利回りの水準は、過去10年では、現時点の4.8%が一番高い水準。

 

株価:過去10年、おおむね右肩上がり。

【2019年版】8058三菱商事(高配当株)~累進配当を対外的に宣言・配当利回り4%超~
8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) 三菱商事の予...

 

5.三井住友フィナンシャルグループ

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り5.1%・株価3,470円

 

配当利回り:13年末に、いったん下がりますが、おおむね右肩上がり。ここ10年で、現時点が一番高い水準

 

配当金累進配当政策を対外的に宣言していますので、配当金は順調に増え続けています。ここ10年、減配なし。

 

株価:13年末に高くなった後、日銀のゼロ金利・マイナス金利政策もあり、徐々に下げています。

【2019年版】8316三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)~累進配当を対外的に宣言・メガバンクの一角~
8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討しま...

 

その他の優良な高配当株5社の水準について

6.三菱ケミカルホールディングス

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り5.6%・株価711円

 

配当利回り:おおむね右肩上がり。17年末以降、高い伸びを見せていて、過去10年では、現時点が一番高い水準。

 

配当金:順調に右肩上がり。ここ10年、減配なし。特に、16年末以降の増配率が高い。配当金は、10年前の5倍に増加。

 

株価:17年末まで右肩上がり、以降は下落傾向。

【2019年版】4188三菱ケミカルホールディングス(高配当株)~配当利回り5%超・化学業界首位の総合力~
4188三菱ケミカルホールディングス(昔の三菱化学)は、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱ケミカルホールディングスを検討します。 ...

 

7.オリックス

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り5.2%・株価1,536円

 

配当利回り:順調に右肩上がり。過去10年では、現時点が一番高い水準。

 

配当金:順調に右肩上がり。ここ10年、減配なし。配当金は、10年前の10倍以上に増加。

 

株価:おおむね右肩上がり。17年末以降、下落傾向。

【2019年版】8591オリックス(高配当株)~10期連続増配・10期連続増益、株主優待も大人気~
オリックスの2019年3月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 8591オリックスは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照ら...

 

8.ブリヂストン

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り4.0%・株価3,995円

 

配当利回り:順調にほぼ右肩上がり。過去10年では、現時点が一番高い水準。

 

配当金:順調に右肩上がり。ここ10年、減配なし。配当金は、10年前の10倍に増加。

 

株価:おおむね右肩上がり。17年末以降、下落傾向。

【2019年版】5108ブリヂストン(高配当株)~タイヤの王者・株主還元に積極的~
ブリヂストンの2018年12月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 5108ブリヂストンは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 ちなみに、ブリヂストンという社名は、創業者の石...

 

9.積水ハウス

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り4.3%・株価1,872円

 

配当利回り:おおむね右肩上がり。18年末の4.8%が最も高く、次いで現時点の4.3%という水準。

 

配当金:順調に右肩上がり。ここ10年、減配なし。配当金は、10年前の約8倍に増加。

なお、2010年末の配当金21円には、創立50周年記念配当5円が含まれるため、普通配当は16円。

 

⇒株価:おおむね右肩上がり。17年末以降、下落傾向。

【2019年版】1928積水ハウス(高配当株)~戸建住宅のトップブランド・配当利回り4%超~
積水ハウスの2019年1月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 1928積水ハウスは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つ...

 

10.東京海上ホールディングス

※現時点(2019年8月23日現在)の配当利回り3.4%・株価5,525円

 

⇒配当利回り:少しずつ上昇傾向。一時的な配当を含むため、18年末の配当利回りが高くなっているが、この特殊要因を除けば、過去10年では、現時点の配当利回り3.4%が一番高い水準。

 

⇒配当金:順調にほぼ右肩上がり。ここ10年、減配なし。配当金は、10年前の約3.8倍に増加。

なお、18年末の配当金250円には、資本水準調整のための一時的な配当70円を含むので、普通配当は180円。

 

⇒株価:おおむね右肩上がり。

【2019年版】8766東京海上ホールディングス(高配当株)~メガ損保首位・保険事業による豊富なキャッシュ~
8766東京海上ホールディングスは、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログに書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、東京海上ホールディングスを検討します。 基準1.配当利回り...

 

まとめ

今回検証した10社の推移を見ると、現在の配当利回りの水準は、過去10年と比べても、ほぼ最高レベルの水準であることが分かります。

 

つまり、これらの高配当株は、お買い得な水準にあります。

もちろん、過去と比べての話ですから、今後どうなっていくかは、自分で推測・予想していくしかないですよね。

 

この10社は、三菱商事を除き、ここ10年の間、普通配当の減配をしていません。三菱商事も累進配当政策を宣言した後は、減配なしです。

これらの実績から、10社の株主還元への意識の高さ・配当への強いこだわりを、私は感じています。

 

私は、リスク分散も考慮して、この高配当株10社に対し、均等になるように、今後投資していこうと考えています。に対して、投資資金合計の10%を投入します。

万が一、いずれか1社が減配しても、全体の10%ですから、ダメージも抑えられます。

 

この方法で、現在のお得な水準にある、高い配当利回りのメリットを、最大限に受取りたいと思います。

 

良かったら、皆さんも、上記10社のグラフをじっくりと眺めながら、あなた自身の今後の投資戦略を考えてみてください。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

現在の投資戦略を整理し、配当生活の早期実現を目指す!
配当生活の早期実現に向けて、現時点での自分の投資戦略について、考えを整理したいと思います。 投資の目的 目的:①リスクを抑えながら、②できるだけ早く、配当生活を実現したい この目的を達成するために、以下の方...
SBIネオモバイル証券~まずは1株から投資・日本初!Tポイントでも投資可能~
配当生活を目指すにあたっては、複利の力を最大限に活用するために、できるだけ早めに、若いうちに、投資を始めることが望ましいです。始めるのが早ければ早いほど、将来お得になります。 けれども、投資を始める際に、しばし...

コメント