【2019年版】9437NTTドコモ(高配当株)~減配しない累進配当を上場以来20年以上継続~

こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。

NTTドコモの2019年3月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。

 

9437NTTドコモは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、ドコモを検討します。

高配当株、4つの買いの基準
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年...

 

スポンサーリンク

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

ドコモの予想配当利回りは約4.9%もあります。基準1は余裕でクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

ドコモの配当金の推移

2015年3月期:65円

2016年3月期:70円(前年比8%増)

2017年3月期:80円(前年比14%増)

2018年3月期:100円(前年比25%増)

2019年3月期:110円(前年比10%増)

2020年3月期予想:120円(前年比9%増)

 

ドコモは毎年増配しており、増配傾向が続いていることから、基準2もクリアです。

 

さらに、ドコモの配当推移で特筆すべき点として、なんと「上場以来20年以上、減配していない!」という点が挙げられます。

 

減配をせず、少なくとも前年配当を維持するか、または増配を行う配当の方法を、“累進配当”と言います。

ドコモは、この素晴らしい累進配当を20年以上、継続している優良企業です。

累進配当ブラザーズ!
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 ...

加えて、2019年度は、上限3,000億円の自社株買いを行っていくことも発表しました。

 

ドコモ経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、ドコモの増配傾向は続くと推定されます。

 

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

ドコモは、売上高4兆円以上、時価総額8兆円以上、日経平均225銘柄の一つの超大企業であり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

スポンサーリンク

基準4.業績が好調または堅調であること

ドコモは、ご存知の通り、携帯電話事業の国内最大手です。

シェアは4割を超えており、非通信事業(dカード・dポイント等の金融や決済事業)も積極的に拡大しています。

 

携帯電話事業は、典型的なストックビジネスですから、ドコモは安定した収益構造を有していて、現金がどんどん入ってくる、キャッシュリッチな事業です。

 

近年、2019年3月期までは、増益決算を続けてきましたが、今期2020年3月期の業績予想については、通信費を最大4割程度値下げして、ユーザーに還元する方針であることから、いったん減益予想となっています。

 

しかし、来期2021年3月期以降については、非通信事業の好調や、新たに開始する5Gサービスなどによって、業績は徐々に回復していく見込みです。

 

中長期で考えると、依然として、業績はおおむね堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株としてドコモは買いと判断しています。

特に、4.9%以上の高い配当利回りと、上場以来20年以上減配せず、累進配当を継続している点が、非常に魅力的です。

配当金で生涯年収が大幅アップ!
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年...
投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお...
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

コメント