投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法

配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。

この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。

「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。

節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ~おすすめの節約方法は固定費の削減~
配当生活を達成するには、保有する高配当株の株数を増やさなければなりません。 それには、高配当株を購入するための投資元本を用意する、つまり現金を貯めて確保する必要があります。 お金を増やす3つの方法 お金を増やすには...

 

今回は、投資情報を収集するのに便利な、投資・ビジネス系の雑誌にかかる雑誌代を節約する方法について、書いてみたいと思います。

 

私は、投資・ビジネス系の雑誌を定期的に読んでいます。インターネットでも様々な投資情報を得ることはできますが、一覧性や情報量、正確性などで、雑誌が勝っている部分もまだあります。

 

具体的には、ダイヤモンドザイ、日経マネー、週刊東洋経済(四季報と同じ出版社)、週刊ダイヤモンドなどの雑誌です。

最新号が出るたびに、本屋でパラパラと立ち読みして、気になる記事や特集があるときは買って、じっくりと読みます。

 

上記の各雑誌は、1冊700円程度で、発売の頻度は月刊・週刊の両方ありますので、だいたい毎月2,000円~3,000円を、雑誌代として使っています。雑誌って、結構高いですよね。

 

投資に必要な情報を集めるためなので、この費用は仕方ないと思っていましたが、節約する方法がありました。

 

それが、インターネットでの雑誌読み放題サービスです。

いろいろ探してみましたが、良さそうなサービスが2つありました。

楽天マガジンとFODプレミアムです。

 

1.楽天マガジン

楽天マガジンは、パソコンやスマホで雑誌が読み放題になるサービスです。

 

●対象雑誌は250誌以上

ダイヤモンドザイ、日経マネー、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンドが読めます。

⇒その他、個人的にいいかもと思ったのは、週刊エコノミスト、ニューズウイーク、日経トレンディ、Number、ワールドサッカーダイジェストも読めるという点です。

⇒ファッション・ライフスタイル・料理など、女性向けの雑誌も多数あります。

 

●月額380円(税抜)または年額3,600円(税抜)で読み放題

31日間、お試しで無料で利用することが可能です。

 

●パソコン、タブレット、スマホ(iPhone、android)のいずれでも利用可能

⇒雑誌をダウンロードしておいて、オフラインで読むこともできます。

 

●その他、楽天ポイントが貯まるというメリットがあります。

→楽天マガジンの公式サイトへ

 

この楽天マガジンのサービスを利用することで、毎月2,000円~3,000円使っていた雑誌代を月額400円程度に減らすことができたので、1か月当たり約2,000円の節約になります。年間だと24,000円の節約ですので、効果は大きいです。

 

とにかくコストパフォーマンスが高いので、とりあえず、31日間無料でお試ししてみる価値はあると思います。

 

2.FODプレミアム

FODプレミアムは、フジテレビが提供する動画の見放題サービスですが、追加料金なしで、100誌以上の雑誌も読み放題で、パソコンやスマホを使って見ることができます。

 

●対象雑誌は100誌以上

ダイヤモンドザイ、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンドが読めます。その他、週刊エコノミスト、ニューズウイークを読むことができます。

⇒残念ながら、日経マネーの他、日経系の雑誌は現在対象外です。今後の対象雑誌の拡大を期待します。

⇒ファッション・ライフスタイル・料理など、女性向けの雑誌も多数あります。

 

●各種の動画が見放題、マンガも読める

⇒国内ドラマ・映画、海外ドラマ・映画、バラエティ、アニメ、子ども向け番組、ドキュメンタリーといった、多様な対象コンテンツ(約30,000本)が見放題です。フジテレビ系列のもの以外も見ることができます。

⇒対象のマンガも読み放題

 

月額888円(税抜)

1か月間、お試しで無料で利用することが可能です。

 

→FODプレミアムの公式サイトへ

 

楽天マガジンと比べた場合、

【FODのデメリット】

・日経マネーが読めない

・月額料金が888円(税抜)と、楽天マガジンの月額380円(税抜)よりも高い。

 

【FODのメリット】

・雑誌に加えて、約30,000本の豊富な動画コンテンツも見ることが可能。

・対象のマンガも読み放題。

 

楽天マガジンと比べると月額料金が高く見えますが、そもそもの雑誌代が1冊700円程度かかることを考えれば、何冊も読めるので割安と言えます。それに加えて、たくさんの動画コンテンツとマンガが見れるという点も含めると、お得感が出てきます。

初めの1か月間は、無料で利用できるので、動画コンテンツにも興味がある方は、お試しで使ってみるのも良いかもしれません。

 

私は、やっぱり日経マネーが読みたいので、楽天マガジンにしました。

節約できた分を、今後の投資活動に回していきたいです。

→楽天マガジンの公式サイトへ

→FODプレミアムの公式サイトへ

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

コメント