モスバーガー~好きな企業・商品シリーズ1~

モスバーガーのイメージ

 

私が好きな企業・商品シリーズの1つ目として、あのモスバーガーについて、書いてみたいと思います。

なおモスバーガーは、8153モスフードサービスとして上場しています。

 

直接的な投資対象企業としてのモスバーガーではなく、当ブログのライフスタイルのカテゴリーにおいて、あくまでも一人の消費者から見たモスバーガーのことを書いています。

 

ただ、消費者目線で見て、ブログに残しておくことで、投資のヒントにもなればいいなあと考えています。

 

モスバーガーの好きな点

1.とにかく美味しい

最初に挙げたいのは、やっぱりモスバーガーは美味しいという点です!

マクドナルドも好きですが、モスは独自の美味しさがあります。

 

・モスチーズバーガー

メニューの中でも好きなのが定番のこれ!

フレッシュな輪切りの大きなトマトに、ふっくらバンズと肉感あるパティにチーズ、玉ねぎと特製ミートソース、これらの相性がバッチリ。

今まで数え切れないくらい食べてるのに、また食べたくなります。

モスチーズバーガー

出所:モスHP

 

・オニポテ

フレンチフライポテトとオニオンフライのセットです。

あの太めのサイズのポテトが、揚げたて熱々のホクホクで美味しい。

オニオンフライも、玉ねぎの甘味が感じられて大好き。オニポテには、オニオンフライは2個しか入ってないので、いつも家族で取り合いになります(笑)

オニポテ

出所:モスHP

 

・チリドッグ

これはハンバーガーではないので、モスで食べたことがない人もいるかと思いますが、隠れた一級品だと思います。

長~~~い一本のソーセージを丸ごと、焼きたて感のあるロールパンに挟んだシンプルな美味しさ。トマトベースの辛めのホットチリソースとの相性も抜群です!

ちなみに、チリドッグより、もう一段辛いスパイシーチリドッグも販売されています。

チリドッグ

出所:モスHP

 

・モスチキン

サイドメニューのモスチキン、お勧めです。

骨付きチキンで、サクサクの食感。和風のしょうゆベースの味が、結構やみつきになります。私は、休日の午後のティータイムなどに、よく飲み物とモスチキンを頼んで、まったりするのが好きです。

モスチキン

出所:モスHP

2.新商品が豊富で楽しい

モスバーガーは、期間限定メニューが次々と出てくる点も魅力です。

いつもの定番メニューはもちろん、新商品でお客さんを楽しませる姿勢が嬉しい。

 

例えば、最近の新商品だと、マッケンチーズ&コロッケバーガー、にくにくにくバーガー、グリーンバーガー、クリームチーズベジバーガーなど、盛りだくさんで楽しい。

 

これらの新商品メニューの充実は、モスバーガーが会社の経営戦略として実施しているもので、社長自身が陣頭指揮しています。

 

今のモスフードサービスの社長は、中村栄輔氏です。

もともとは、中央大学法学部出身で、司法試験を目指すも6回落ち続けて、法曹界を断念し、モスに入社したという、外食業界ではユニークな経歴の方です。

 

中村社長は、創業家の櫻田氏からバトンを受け継ぎ、2016年に社長に就任。

当時低迷していたモスバーガーの業績を、新商品や新しい店舗形態の戦略などで立て直しました。今後、どのような驚きやワクワク感を、我々お客さんに与えてくれるのか、楽しみです。

3.店員さんが親切

モスバーガーは、店員さんが親切だと感じます。

何か頼んだ時の笑顔や対応が、すごく気持ちがいい。当然、店員さん個人個人によって違うので、中には嫌な人もいるのでしょうが、平均して接客レベルが高いと思います。

 

この点、モスバーガーのことを非常に高く評価しています。せっかくの食事や休憩の時間、味もそうですが、何よりも気持ち良く、楽しい時間を過ごしたいですから。

 

また、モスバーガーは、アルバイト等に60代以上の高齢者を積極採用しています。

“モスジーバー”と言われる高齢者バイトの方々は、総じて非常に真面目で安心感があり、お客さんからの反応も良いそうです。

確かに、モスジーバーの存在によって、お店の雰囲気が柔らかくなっていると感じます。

 

なお、モスバーガーは、事前にネットや電話注文をして、店舗に受取りに行くと、通信費として現金10円を紙に包んで渡してくれます。こんなちょっとした気配りも好きです。

モスバーガーに改善して欲しい点

実は、モスに対してはかなり満足度が高いので、改善要望はあまり無いのですが、あえて、あえて言うなら、以下の2点です。

 

①注文した商品を作るのに比較的時間がかかる

②値段が比較的高い

 

比較的と書いたのは、他のファーストフード店と比べれば、という意味です。

けれども、上記①②は、美味しさとの交換条件、バーター的なところがありますから、モスは許容範囲だと考えています。

まとめ

今回改めて、なぜ自分はモスバーガーが好きなのか、考えてみました。

 

やっぱり大きいのは、美味しさと居心地の良さなんだなあと思います。この2つが揃っているモスバーガーには、これからも定期的に通うことになりそうです。

 

あと、今後のモスバーガーへの要望というか、できればやって欲しいなと思うのは、モスバーガーの海外店舗の限定メニューを、日本国内でも販売してくれたら嬉しいということです。

 

日本でも、月替わりなどで、各国オリジナルのご当地メニューが食べられたら、楽しいだろうなと思います。

 

なおモスバーガーは、台湾・シンガポール・香港・タイ・インドネシア・中国・オーストラリア・韓国・フィリピンに海外店舗があります。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。 今回は...
「サブスク」とは?~便利に使える、お得なサービス!~
「サブスクリプション」(略称:サブスク)とは、利用者がモノやサービスを利用する権利を借りて、それを利用した期間について、料金を支払う方式のことです。 いわゆる定額制で使い放題のサービスや、継続契約をして毎月使った分を払...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ライフスタイル
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント