高配当株、4つの買いの基準

高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。

高配当株、買いの基準

1.配当利回りが3%以上(税引前)
2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)
3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること
4.業績が好調または堅調であること

 

※上記全ての基準に該当することが原則ですが、満たさない項目があっても、他の項目を総合的に判断して購入することもあります。

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

私は、配当利回りについては、税引後で4%以上(=税引前で5%)になることを理想と考えています。

ただ、税引前で5%の配当利回りの株式は実際にはほとんどありません。

 

しかし、上記の基準2も満たす株式を購入しますから、購入後に増配が行われると配当利回りもアップしていきますので、この基準1では、購入時は配当利回り3%(税引前)でOKという基準にしています。

 

なお、一般にYahooファイナンスや四季報などで表示される配当利回りは、原則として税引前のものになっています。

 

配当金は源泉税で約20%が差し引かれますから、実際に手元に受け取れる配当金は元々の80%になります。

 

例えば、下記の場合、

A社の株式:株価2,000円、100株購入、1株当たり配当金60円、源泉税約20%

 

・購入金額計200,000円(2,000円×100株)

・税引前配当金額計6,000円(100株×60円)

・税引後配当金額計4,800円(6,000円×80%)

・税引前配当利回り3%(60円/2,000円)

・税引後配当利回り2.4%(3%×80%)

 

こうして見ると、税金の影響は非常に大きいですね。

この源泉税の影響を小さくして節税するための方法として、“配当控除“という制度があります。配当控除については、改めて別の記事に書きたいと思います。

 

私の理想的な配当利回りは税引“後”で4%です。

 

税引後配当利回り4%の株式を1,000万円分買うと、実際に税引後の手取りで受け取れる配当金は、

1,000万円×4%=40万円/年(33,000円/月)

 

さらに、3,000万円、5,000万円、1億円の場合、税引後の手取りの受取配当金は、

3,000万円×4%=120万円/年(100,000円/月)

5,000万円×4%=200万円/年(166,000円/月)

1億円×4%  =400万円/年(333,000円/月)

 

手取りで年400万円ということは、サラリーマンの年収ベース(=所得税・住民税などの税引前)で考えると、年収500万円に相当します。

 

このあたりになると、配当金だけで生活できる配当生活が見えてきますね。

 

実家暮らしで住居費が格安である、などの個別の生活条件によっては、手取り年200万円でも配当生活が可能になりそうです。

 

少し長くなりましたので、上記の基準2以降については、次回以降のブログで書いていきたいと思います。

高配当株、4つの買いの基準 続き
基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること これは、増配が続けば受け取れる配当金がどんどん増えていくからです。 そして、増配が続いているという事実からは、その企業の意志、つまり増配継続・株主還元への強い意志・...
JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...

コメント