高配当株をセクターで考えてみる

セクターとは、部門や分野のことを意味します。株式投資でセクターと言えば、企業の業種を指すことが多いです。

 

株式投資では、複数の株式に投資する分散投資によって、リスクを抑えて、安定した収益を上げることができると言われています。

 

リスクの分散

私は、値上がり期待株と高配当株で、投資のスタンスを分けています。

●値上がり期待株:集中投資

⇒値上がり期待株については、効率的かつスピードアップして、投資元本を増やすため、銘柄数を少数に限定した集中投資をしています。

●高配当株:分散投資

⇒高配当株については、基本的に長期保有して、配当金をもらい続ける方針なので、銘柄数を多くした分散投資によって、リスクの軽減を図っています。

投資対象を分割する理由~リスクを下げながら元本の増加を目指す~
前回の記事で投資用元本を以下の2つに分けて投資する、という戦略を書きました。 1.全体の60%を値上がり期待株に投資して、元本の増加を目指す。 2.全体の40%を高配当株に投資して、受取配当金の増加を目指す。 ...

 

ただし、分散投資と言っても、同じセクターの企業の株式ばかりを買っていると、意味がありません。

例えば、トヨタ・日産・ホンダ・スズキ・スバルの5社の株式を購入しても、リスクを分散できません。全て同じ自動車セクターだからです。

円高など、自動車セクターに不利な経済状況になったら、5社とも業績に悪影響を受けてしまいます。

 

リスクを分散するためには、投資対象の企業のセクターを分散する必要があります。

Aセクターの企業に不利な経済状況でも、Bセクターの企業は影響を受けない、逆にメリットがあるといった状況が理想的です。

Aセクターの企業の株価が下がっても、Bセクターの企業の株価が上がって、カバーできるからです。

 

高配当株への投資について、銘柄数だけではなく、セクターも分散していれば、将来、経済状況が変化していっても、長期的に、より安定した配当金収益が期待できます。

以下で、高配当株それぞれのセクターを見ていこうと思います。

 

累進配当ブラザーズとその他の高配当株のセクター

●累進配当ブラザーズ

・三井住友フィナンシャルグループ: 金融セクター(銀行、証券)

・三菱商事: 卸売りセクター(総合商社)

・キヤノン: 電気機器セクター(事務機器、医療機器)

・ドコモ: 情報・通信セクター(スマホ、通信インフラ)

・JT: 食品セクター(たばこ、食品)

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維...

 

●その他の高配当株

・東京海上ホールディングス: 金融セクター(保険)

・三菱ケミカルホールディングス: 化学セクター

・積水ハウス: 建設セクター(住宅)

・オリックス: 金融セクター(総合リース)

・ブリヂストン: ゴム製品セクター(タイヤ)

・アサヒホールディングス: 非鉄金属セクター(貴金属リサイクル)

・オーデリック: 電気機器セクター(照明器具)

高配当株に関する分散投資の方針

セクター別の観点から見ると、累進配当ブラザーズの5銘柄は、セクターの重なりがなく、適度に分散されています。

 

今後もこの累進配当ブラザーズを中心に、投資を行っていきます。

それにプラスして、セクターが過度に集中しすぎないように注意しながら、その他の高配当株への投資も進めたいと思います。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。 今回は...

コメント