【2022年版】高配当株企業の「配当方針」を確認!~各社の株主還元への姿勢は?~

配当方針

 

上場企業各社の配当方針(株主還元方針)には、株主への利益還元姿勢に関して、その企業の経営陣の考え方や企業文化が表現されています。

 

各社がホームページや決算説明資料などで公開している配当方針は、株主や投資家に対する対外的な約束ですから、その企業にとって非常に重いものです。

 

配当方針の作成にあたっては、各社が細心の注意を払っています。

配当方針は、さらっと書いているように見えても、一つ一つの単語、句読点に至るまで、何人もが目を通し、何重にもチェックされています。

それだけ、株主・投資家の関心が高く、重要な内容だからです。

 

配当方針の文言を注意深く読むことで、その企業の本気度・本音が見えてきて、高配当株の投資先の選択に役立ちます。

 

以下では、減配しない累進配当ブラザーズの配当方針をチェックして、内容を確認してみたいと思います。

【2022年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を継続する素敵な企業たち~
2022年3月期本決算会社の決算発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2022年版に更新しました。 2022年版では、累進配当ブラザーズに新たに2社が仲間入りしました。 夢の配当生活の実現を...

 

いろんな企業が、配当方針について、どのような書き方で表現しているかを比べてみると、結構楽しくて面白いですし、何より投資の役に立ちます!

 

高配当株各社の配当方針

1.三井住友フィナンシャルグループ

◇配当方針(株主還元方針)

「株主還元は、配当を基本に、機動的な自己株取得も実施してまいります。

配当は累進的とし、配当性向は2022年度までに40%を目指してまいります。

また、自己株取得は、資本の状況、業績動向、当社株価の水準、成長投資機会、資本効率向上等を考慮し、判断いたします。」

 

累進配当とは、減配をせずに、前年配当と同額または増配を行うという、素晴らしい配当方針のことです。

 

⇒三井住友FGの配当方針の特長は、なんと言っても、累進配当を行うことを明記し宣言している点です。

 

つまり、対外的に累進配当政策を公約しているわけですから、株主・投資家としては、減配を心配せずに、安心して同社株式を保有することができます。

 

もちろん、累進配当の方針が変更される可能性はゼロではありませんが、対外的に宣言しているため、簡単に変更されることはないと考えています。

 

配当性向40%を明言している点も好ましいです。

 

配当性向とは、稼いだ利益のうち、どれくらいを配当金として支払うかの割合です。

例えば、配当性向40%であれば、稼いだ利益のうち40%を配当金として株主に支払うという意味になります。

 

配当性向の基準として、どの程度が望ましいかについては諸説あり、一概には言えませんが、だいたいの考え方としては、高配当株なら、配当性向30%程度で普通、40%程度で結構良いレベル、逆に配当性向60%以上ならちょっと心配になる(利益を将来のための事業投資に十分使っていない、利益の絶対額自体が少ないため減配の恐れがある)といった感じでしょうか。

 

※配当性向=支払い配当金総額/当期純利益=1株当たり配当金/1株当たり当期純利益(EPS)

※上記の各数値は、各社の決算短信の表紙ページで確認できます。

【2022年版】8316三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)~累進配当政策を対外的に公約・海外にも積極展開~
三井住友フィナンシャルグループの2022年3月期本決算が発表されましたので、2022年版の内容に更新しました。 8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在...

 

2.三菱商事

◇配当方針(株主還元方針)

「持続的な利益成長に応じて増配を行う累進配当を基本方針とします。

財務健全性、配当の安定成長、株主還元に対する市場期待の3つのバランスがとれた還元政策を実施します。」

 

⇒結構あっさりした記載ですが、やはりポイントとなるのは、三菱商事は累進配当を明記し、対外的に累進配当政策を宣言しているという点です。

この公約が変更されない限り、株主として、三菱商事の株式を安心して持つことができますね。

 

⇒さらに、「株主還元に対する市場期待」に言及している点は特徴的で珍しいです。他社では、あまり見たことがありません。

株式市場の声にも配慮しますよ、という三菱商事の株式市場を重視する姿勢が素晴らしいです。

【2022年版】8058三菱商事(高配当株)~累進配当政策を対外的に宣言・安定的な事業基盤~
三菱商事の2022年3月期本決算が発表されましたので、2022年版の内容に更新しました。 8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの...

3.稲畑産業

◇配当方針(株主還元方針)

「1.一株あたりの配当額については前年度実績を下限とし、減配は行わず、継続的に増加させていくことを基本とします。(累進配当の継続

2.総還元性向の目安としては概ね50%程度とします。

ただし、政策保有株式を売却し、相当程度のキャッシュインが発生した事業年度においては、今後の資金需要や会社の財務状況、株価、マーケットの状況などを総合的に勘案し、上記の総還元性向の目安には必ずしも囚われずに、株主還元を実施いたします。

(*)総還元性向=(配当金額+自己株式取得額)÷連結純利益×100」

 

減配しない累進配当政策について明記し公約している点が、まず素晴らしいです。減配がないので、株主も安心して保有できます。

 

⇒総還元性向50%とは、稼いだ利益のうち50%を株主還元(配当や自社株買い)として使うという意味です。株主還元への積極姿勢が好ましい。

 

⇒「政策保有株式」とは、いわゆる昔からの株式持ち合いのことです。株式持ち合いを解消・売却して入った現金を株主還元にあてると明記しているのも、良い意味で珍しく、評価できる点です。

【2022年版】8098稲畑産業(高配当株)~累進配当政策を対外的に宣言・株主還元に積極姿勢~
8098稲畑産業(いなばたさんぎょう)は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、稲畑産業を検討します。 基準1.配当利回りが3%...

 

4.オリックス

◇配当方針(株主還元方針)

「当社は、事業活動で得られた利益を主に内部留保として確保し、事業基盤の強化や成長のための投資に活用することにより株主価値の増大に努めてまいります。同時に、業績を反映した安定的かつ継続的な配当を実施いたします。

また、自己株式取得についても、必要な内部留保の水準を考慮しつつ、経営環境の変化、株価の動向および財務状況等を勘案のうえ、弾力的・機動的に対処してまいります。」

 

・中期的な方向性(2022/3期決算説明資料)

「配当:配当性向33%または前期配当金額の高い方。22.3期通期の配当は85.6円。」

 

⇒“安定的かつ継続的な配当“とは、年ごとに大幅に配当金を上下させるのではなく、文字通り安定した状態で配当金を継続的に出すという意味です。

 

例えば、下記の①ではなく、②のような配当金推移の場合、安定的かつ継続的な配当と言えます。

×:①1年目20円→2年目50円→3年目10円→4年目0円→5年目20円

○:②1年目20円→2年目20円→3年目25円→4年目28円→5年目30円

 

⇒私は、配当金については、年ごとに大きな変動をするのではなく、長期的に緩やかに右肩上がりで配当金額が上がって行くことが望ましいと考えています。よって、継続的かつ安定的という配当方針は、ありがたいです。

 

⇒さらに、オリックスは、配当は配当性向33%または前期配当金額の高い方にて実施すると明言しています。

 

これは、配当性向33%または前期配当のいずれか高い方を配当する、つまり最低でも前期配当と同額の配当を出す(=減配しない)ということですから、実質的には、減配しない累進配当を対外的に宣言したのと同じ意味になります。これは、非常に評価できる点です。

【2022年版】8591オリックス(高配当株)~累進配当政策を新たに宣言・株主還元意識の高さが魅力的~
オリックスの2022年3月期本決算の発表がありましたので、2022年版の内容に更新しました。 8591オリックスは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの...

5.NTT

◇配当方針(株主還元方針)

「株主還元の充実は、当社にとって最も重要な経営課題の一つです。継続的な増配の実施を基本的な考え方とし、自己株式取得についても機動的に実施することで資本効率の向上を図っていきます。

長期保有の株主の皆さまの資産形成にあたっても、魅力のある株式として引き続き選んでいただけるよう、今後も企業価値を高めるとともに株主還元の充実を図ってまいります。

・EPS(1株あたり利益)は、2023年度に370円の目標を掲げ、利益成長に向けて取り組んでおります。

利益還元として、過去10年以上にわたって連続増配を続けており、自己株式取得も過去10年毎年実施しております。」

 

⇒“株主還元の充実は、当社にとって最も重要な経営課題の一つ”と、NTTが認識しているのは、良い点だと思います。

 

“継続的な増配の実施を基本的な考え”とすると書かれていますが、重要なキーワードです。

 

これの意味するところは、基本的に毎年増配を行うということであると考えられます。

 

基本的というワードがあるため、例外の年(増配を行わない年)もあり得るとの表現ではありますが、株主還元への本気度を感じる、株主にとってありがたい方針です。

そして、実際に、NTTは11期連続で増配を実施してきた実績があります。

 

⇒上記株主還元方針の後半部分に、「長期保有の株主の皆さまの資産形成にあたっても、魅力のある株式として引き続き選んでいただけるよう、今後も企業価値を高めるとともに株主還元の充実を図ってまいります。」との記載があります。

 

株主還元方針に、このような文言を明記している点からも、NTTの株主還元意識の高さがうかがえます。株主として、安心して長期保有ができますね。

【2022年版】9432NTT日本電信電話(高配当株)~減配しない累進配当を20年以上継続・通信業界のガリバー~
NTTの2022年3月期本決算が発表されましたので、2022年版の内容に更新しました。 9432NTT日本電信電話は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買い...

 

6.三菱HCキャピタル

◇配当方針(株主還元方針)

株主還元は配当によって行うことを基本とし、2023年3月期の1株当たり年間配当金予想は、2023年4月にスタート予定の新中期経営計画期間中の配当性向イメージである40%程度に沿って、前期比3円増配の31円とする。」

 

⇒三菱HCキャピタルは、2021年4月に三菱UFJリースと日立キャピタルの両社が合併して誕生しました。

 

⇒現在、同社は合併後の新たな中期計画(2023年4月スタート)の策定作業中ということもあり、現時点では、決算説明資料において、上記のような方向性を公開するところまでにとどめているようです。新しい中期計画の発表時に、配当方針も新たに策定されると思います。

 

⇒上記の方向性においても、配当性向のイメージが40%程度と高めに想定されているのは、良い点であると考えます。

【2022年版】8593三菱HCキャピタル(高配当株)~23年連続増配の素晴らしい実績!・累進配当を長年継続中~
三菱HCキャピタルの2022年3月期本決算の発表がありましたので、2022年版の内容に更新しました。 8593三菱HCキャピタルは、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 ※三菱UFJリースは、2...

 

7.東京海上ホールディングス

◇配当方針(株主還元方針)

「当社では、配当を株主還元の基本と位置付け、利益成長に応じて持続的に高める方針としております。

また、資本水準の調整は、ESR水準やM&Aパイプライン、事業環境、ROEターゲット等を総合的に勘案して、機動的に実施する方針としております。」

※ESR:経済価値ベースのソルベンシー比率。リスクに対して十分な資本を確保しているかを示す指標のひとつ。

 

“配当を株主還元の基本”、“利益成長に応じて持続的に高める”という言葉がある点が、嬉しいポイントです。

 

⇒「持続的に」とは、「継続的に」と同様の意味と考えられますが、どちらかと言うと私は、持続的の方が、より積極的なニュアンスが感じられて好きです。

【2022年版】8766東京海上ホールディングス(高配当株)~キャッシュリッチな保険事業を展開・メガ損保で首位~
東京海上ホールディングスの2022年3月期本決算の発表がありましたので、2022年版の内容に更新しました。 8766東京海上ホールディングスは、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブ...

まとめ

各社の配当方針を見てきましたが、どうでしたか。何となく好きな感じがする配当方針はありましたでしょうか。

 

高配当株企業への投資の主な目的は、高い利回りかつ年々増配で増えていく配当金を、長期的に継続して受け取ることです。

 

そのため、投資対象となる高配当株企業の配当方針を把握しておくことは、非常に重要です。数十年にもわたる、長~~~~~いお付き合いになる可能性もありますから。

 

配当方針の文章を読めば、その企業の株主還元への考え方や本音が透けて見えてきて、興味深いですし、結構面白いです。もちろん、投資成果にも結び付きます。

 

上場企業はたくさんありますので、あなたのお気に入りの配当方針を持つ企業を、ぜひ見つけてみてください!

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

【note記事】「高配当株投資」超実践マニュアル
このnote記事は、『「高配当株投資」超実践マニュアル』とのタイトルを付け、作成しました。 本マニュアルで目指す目標「1か月当たり10万円の配当金」を達成するために、私ならどのように行動して、どう投資するのかに...
Kindle Unlimited で読み放題!~投資本もビジネス本もマンガ本も~
読書は、手軽にできるのに、最高にコスパが高い自己投資です。 読書については、あのナポレオンやディズニーも、こう語っています。 「読書家の一族は、世界を動かす者たちなのだ。」 ~ナポレオン・ボ...
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
高配当株
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント