【2019年版】8316三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)~累進配当を対外的に宣言・メガバンクの一角~

8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

三井住友フィナンシャルグループの予想配当利回りは、約4.7%です。基準1は余裕でクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

三井住友フィナンシャルグループの配当金の推移

2015年3月期:140円

2016年3月期:150円(前年比7%増)

2017年3月期:150円(前年と同じ)

2018年3月期:170円(前年比13%増)

2019年3月期:180円(前年比6%増)

2020年3月期予想:180円(前年と同額)

※2019年5月に、1,000億円の自社株買いを発表

 

三井住友フィナンシャルグループは、増配傾向が続いていることから、基準2もクリアです。

 

さらに、三井住友フィナンシャルグループは、「累進配当政策」を取ることを対外的に発表し宣言しています。

 

累進配当政策とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維持するか、または増配を実施するということです。

 

これは、株主にとっては、非常にありがたく、驚異的にメリットがあることです。

たとえ、業績が悪い年でも、最低でも前年の配当と同じ金額は維持される上に、業績好調な年は増配が実施されるのですから。

 

他の高配当の優良企業でも、実質的に前年配当維持または増配という配当政策を実施している会社はありますが、三井住友フィナンシャルグループのように、対外的に累進配当政策を宣言までしている会社は、ほとんどありません。

 

他社で累進配当政策を対外的に宣言しているのは、大手では三菱商事くらいだと思います。

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維...

 

対外的な宣言は、投資家への約束になりますから、非常に重みがあります。

 

三井住友フィナンシャルグループの現在の配当利回り約4.7%で買えば、累進配当政策が継続される限り、将来にわたって、配当利回りが4.7%以上になります。

累進配当政策では、配当金は、最低でも前年配当を維持するので、配当利回りが下がることはありません。

 

この累進配当政策を、三井グループと住友グループの中核会社で、メガバンクの一角でもある、三井住友フィナンシャルグループが、国内と世界中の機関投資家・個人投資家に向けて宣言しています。

ですから、その高いプライドにかけても、累進配当政策を簡単に変更することはない、と考えられます。

 

経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、三井住友フィナンシャルグループの増配傾向は続くと推定されます。

 

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

三井住友フィナンシャルグループは、売上高5兆円以上、時価総額5兆円以上、日経平均225銘柄の一つの超大企業であり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

基準4.業績が好調または堅調であること

三井住友フィナンシャルグループは、傘下に三井住友銀行、SMBC日興証券、三井住友カード、プロミスなどを有しています。

 

三大金融グループの一つであり、その中でも効率性はトップと評されています。海外進出にも積極的で、アメリカ・ヨーロッパ各国・ロシア・中国・マレーシア・インドネシア・ブラジルなどに展開しています。

 

アナリストによると、現在の超低金利状況から金利の上昇局面への転換は、そんなに遠くない時期に起きると想定されています。

現時点でのマイナス金利下でも、増配することができたほどの余力・収益力を、三井住友フィナンシャルグループは持っているわけですから、将来的に金利が上昇していった場合、業績には、大きなプラスの影響があると考えられます。

 

業績の数字には、年により多少のアップダウンがありますが、おおむね業績は堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、三井住友フィナンシャルグループは買いと判断しています。

 

特に、将来の配当利回りがアップする、減配しない累進配当政策を対外的に約束していることと、約4.7%の高い配当利回りが、非常に魅力的です。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

【2019年版】4188三菱ケミカルホールディングス(高配当株)~配当利回り5%超・化学業界首位の総合力~
4188三菱ケミカルホールディングス(昔の三菱化学)は、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱ケミカルホールディングスを検討します。 ...
SBIネオモバイル証券~まずは1株から投資・日本初!Tポイントでも投資可能~
配当生活を目指すにあたっては、複利の力を最大限に活用するために、できるだけ早めに、若いうちに、投資を始めることが望ましいです。始めるのが早ければ早いほど、将来お得になります。 けれども、投資を始める際に、しばし...

コメント