配当資産の状況 2019年8月末

雨が多く、猛暑の時期も少し短めだった、今年の8月の株式市場が終わりました。

2019年8月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2019年8月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,300万円(34.2%)

高配当株   :2,500万円(65.8%)

————————————————————

合 計    :3,800万円(100%)

≪参考≫2019年8月末 日経平均株価:20,704円(前月末比マイナス817円)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間123万円

=1か月当たり102,000円(前月末比 同額)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部からも、配当金を受領しています。

 

私の理想とする配当利回りの目標は、“税引後”で「4%以上」です。

これは、税引前の通常ベースの配当利回りだと5%以上に該当します。なかなか高いハードルですね。

 

しかし、この配当利回りの目標は、現在保有している高配当株の企業が、今後増配を行っていくことで、将来的に自然に達成できるだろうと考えています。

 

高配当株を持ち続けることで、将来、配当利回り10%を達成することも、決して夢ではありません。詳細は、下記記事をご参照ください。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

今月の振り返りと今後の方針

8月末時点の配当資産からの予想配当金(税引後)については、1か月当たり102,000円と、7月末と同額となりました。

 

8月も、アメリカと中国の貿易関税問題は継続していて、トランプ大統領のツイートに、株式市場は振り回され下落しました。

 

私の配当資産の株式も、株価が下落し、全体的に時価総額が下がりました。

 

でも、株価が下がろうが、トランプ砲があろうが、配当金は強いです。

減配されない限り、配当金は、なにごとも無かったかのように、定期的に入金されます。

この点は、本当にありがたいですね。

 

先日、下記記事にて、過去10年と比較して、今の配当利回りの水準が割安かどうか、検討してみました。

高配当株10社の配当利回りの水準を考える~今の水準は割安?~
高配当株の配当利回りには、いろいろな幅があります。 配当利回りが2%程度のものもあれば、6%を超えるものもあるなど、さまざまです。 今回は、優良な高配当株10社について、現在の配当利回りの水準が、過去10年の水準...

 

結論として、私は、今の配当利回りの水準は割安で、お買い得なチャンスだと考えています。

 

例えば、JTの配当利回りは現在6.8%と驚異的に高い水準です。

この先、私が生きている間に、こんなに高い配当利回りで、JT株式を買えるチャンスが何回あるんだろうな、と最近よく思います。

 

来月9月は、12月本決算の企業から、中間配当金が入ってくる時期です。

 

受け取った配当金を再投資して、私の次の目標、1か月当たり15万円の配当金(税引後の手取りベース)に向けて、少しずつ積み上げていきます。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

【2019年版】累進配当ブラザーズの今期の配当金予想!
2019年3月期までの本決算実績と今期の配当金予想が出そろいました。 そこで、累進配当ブラザーズの状況について、配当金予想や、増配に必要なキャッシュという観点なども含めて、まとめて確認しておきたいと思います。 ...
SBIネオモバイル証券~まずは1株から投資・日本初!Tポイントでも投資可能~
配当生活を目指すにあたっては、複利の力を最大限に活用するために、できるだけ早めに、若いうちに、投資を始めることが望ましいです。始めるのが早ければ早いほど、将来お得になります。 けれども、投資を始める際に、しばし...

コメント