やっぱり高配当株投資と配当金!~もし自分の子どもに、おすすめの投資方法を教えるなら~

高配当株への投資を教える

世の中には、いろいろな投資方法があります。

 

投資対象で分けても、株式・債券・投資信託(インデックス、アクティブ)・REIT・通貨(FX)・商品・不動産・ソーシャルレンディングなどなど。それぞれ国内・海外(先進国、新興国)の区分もあります。

 

これに、デイトレード・スイングトレード・長期投資・バリュー投資・グロース投資・キャピタルゲイン投資(値上がり益狙い)・インカム投資(配当金狙い)などの投資手法を組み合わせると、もはや投資方法は無数にあると言ってもよいと思います。そして、それぞれ投資リスクがあり、損失を受ける可能性があります。

 

これらの投資方法の中から、自分の子どもに教えたい “おすすめの投資方法” を選択するとしたら、私はやっぱり高配当株への投資を選びます。

 

もちろん、自分の子どもにすすめたいくらいですから、多くの人にもおすすめだと考えています。以下で、高配当株投資がおすすめの理由などについて、書いていきます。

 

自分の子どもに、高配当株への投資を教えたい理由

1.お手軽で簡単

①高配当株買いの4つの基準を満たす株式を買う

→②ずーーーーーっと、半永久的に保有し続ける(但し、減配があれば売却)

 

基本的にこれだけで、高配当株を購入した後は、ほぼ持っているだけですので、お手軽で簡単です。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持...
高配当株の4つの魅力とは? ~人生を変える力になる~
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。高配当株は、人生を変える力を持っていると言っても、過言ではありません。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 魅力1.不労所得を半永久的にゲット...

 

2.増配によって、配当金と配当利回りがアップ

これは、高配当株投資の大きな特長・メリットです。

 

高配当株が増配を続けることによって、複利の力で、配当金と配当利回りがどんどんアップしていきます。

投資してから、10~15年後には、配当利回りが10%を超えていくことも可能です。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する~増配で配当金と配当利回りがどんどんアップ!~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

 

高配当株へ投資した後の保有期間が長ければ長いほど、このメリットを最大限に活用できますので、できるだけ早く、高配当株への投資をスタートすることが重要になります。

 

うちの子どもたちには、大学生になったら、高配当株への投資を始められるように、お金についての教育を進めていきたいと考えています。

 

3.投資の成果を実感しやすい

株式投資をした後は、株価の上下によって、保有株式資産の時価総額が変動します。

取得価格より株価が上がれば含み益になりますし、下がれば含み損になります。これは毎日増減する含み損益なので、なかなか実感しにくいです。

 

しかし、配当金は定期的に入金され、現金として使うことができますので、投資の成果として非常に実感しやすいです。

 

というか、配当金が入金されると、めちゃくちゃ嬉しくなります!

この気持ちを、うちの子どもたちにも体験してもらえば、長期投資を続けるモチベーションになると考えています。

配当金に対する4つの気持ち~なぜ配当金に対して、このような感情になるのか?~
高配当株からの配当金を受け取ったとき、なんとも言えない気持ち、他では味わえないような喜びに満たされます。 いったい、この配当金への気持ち・感情は何なのか、どこから来るのか、真面目に考えてみました(笑) 配...

 

4.下落相場でも不景気でも、投資を続けられる

株式市場が下落する時期は、個別株の株価は半分になることも珍しくありません。

こんな時は、株価を見るのも嫌になって、投資を止めてしまうケースも多々あります。けれども、下落相場で投資を継続することで、後の上昇相場で大きく勝つことができるという事例は、歴史が何度も証明しています。

 

この点、高配当株投資は、下落相場であっても無配にならない限り、配当金という「定期的な収入」がありますから、投資を継続しやすいです。

例えば、もらった配当金だけでも再投資しておくと、後で大きな投資成果となって返ってきます。

 

投資を続けやすい、続けられるという高配当株投資のメリットは大きいと考えています。

ショウの計画・将来設計

繰り返しますが、高配当株が増配を継続すれば、投資してから、10~15年後には、配当利回りが10%を超えていきます。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する~増配で配当金と配当利回りがどんどんアップ!~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

 

ですので、私が亡くなるのが50年後と想定すると、その時には、配当利回り20%超えは、ほぼ確実で、うまく行けば30%も超えているはず。そして、その時の配当金は、毎月50万円以上に達していると思います。

 

配当利回り20%だと、毎月50万円(=年間600万円)の配当金を得るためには、投資元本3,000万円が必要ですが、50年間あれば、一般的にも十分達成可能だと考えています。

※3,000万円×20%÷12か月=50万円

 

これを、うちの子どもたちにうまく引き継げれば、親子2代の時間をかけて、毎月100万円超の配当金収入も可能でしょうし、孫の代にはそれ以上になっていると妄想しています(笑)

将来の子孫には、ショウ家財閥の創始者として、自分のことが語られているかもしれないなあと、妄想はますます膨らみます。

 

ここまでは、捕らぬ狸の皮算用とも言えますが、実現性が全く無いものではありません。

逆に、上記の記事の試算にあるように、実現の可能性がかなりあると考えます。

まとめ

うちの子どもたちには、お金と投資の大切さや、高配当株の魅力などについて、徐々に伝えていきます。

 

もちろん、投資のリスクも教えますが、投資に対して臆病になり過ぎないように気を付けます。基本は、投資にポジティブです。

 

「高配当株を買って、ずーーーーーっと保有して、もらった配当金をまた高配当株に再投資してれば、雪ダルマ式に資産がどんどん増えていくんだよ」

と、子どもたちに伝える日が楽しみです。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が「累進配当ブラザーズ」と密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当...

コメント