オリックス(高配当株)

8591オリックスは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、オリックスを検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持している...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

オリックスの予想配当利回りは約3.7%であり、基準1はクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

オリックスの配当金の推移

2015年3月期:36円

2016年3月期:45.75円(前年比27%増)

2017年3月期:52.25円(前年比14%増)

2018年3月期:66円(前年比26%増)

2019年3月期予想:68円(前年比3%増)

 

オリックスは毎年増配しており、増配傾向が続いていることから、基準2もクリアです。

 

さらに、オリックスは、株主還元の一環として、株主優待(カタログギフト)を導入していて好評です。

 

100株以上の株主に対し、推定5千円相当の商品のカタログギフトが送られてきます。なかなか品揃えが良いため、どれをもらうか楽しんで選べます。

また、3年以上オリックスの株を持ち続けると、推定1万円相当の商品にランクアップされるのが、けっこう嬉しいです。

オオサンショウウオのぬいぐるみ(オリックス株主優待)
私が保有する高配当株式の一つに、8591オリックスがあります。 オリックスは、株主優待を実施していて、カタログギフトが100株以上保有の株主に贈られてきます。 オリックスの株価は約1,800円(100株で約18万円)で、...

 

オリックス経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、オリックスの増配傾向は続くと推定されます。

 

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

オリックスは、売上高3兆円以上、時価総額2兆円以上の超大企業であり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

基準4.業績が好調または堅調であること

オリックスは、リース事業から始まり、投資、融資、生命保険、銀行、資産運用、不動産、自動車関連、航空機関連、環境エネルギー関連、海外など、さまざまな事業を行っています。

世界38か国にグローバルに展開しています。

 

上記のように多数の事業を行っているため、オリックスは何の会社か分からないと、よく言われますが、この点がオリックスの強みでもあります。

 

事業を多角化しているので、ある事業が不振でも、他の事業が好調でそれをカバーし、オリックスグループ連結全体で見ると、業績が順調という結果になっています。

業績の数字は、年々拡大を続けていて好調を維持しています。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、オリックスは買いと判断しています。

特に、3.7%以上の高い配当利回りと経営陣の増配・株主還元への姿勢が魅力的です。

NTTドコモ(高配当株)
9437NTTドコモは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、ドコモを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) ドコモの予想配...

コメント