三菱商事(高配当株)

8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持している...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

三菱商事の予想配当利回りは約3.9%であり、基準1はクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

三菱商事の配当金の推移

2015年3月期:70円

2016年3月期:50円(前年比29%マイナス)

2017年3月期:80円(前年比60%増)

2018年3月期:110円(前年比38%増)

2019年3月期予想:125円(前年比14%増)

 

三菱商事は、2017年以降、毎年増配を継続していることから、基準2もクリアです。

それ以前は、業績連動で配当をしていたため、年によっては減配もあったのですが、2017年3月期分の配当から、配当方針を下記のように変更しました。

 

三菱商事は、2016年5月の決算発表にて、「累進配当政策」を取ることを対外的に発表し宣言しました。

 

累進配当政策とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維持するか、または増配を実施するということです。

 

これは、株主にとっては、非常にありがたく、驚異的にメリットがあることです。

 

たとえ、業績が悪い年でも、最低でも前年の配当と同じ金額は維持される上に、業績好調な年は増配が実施されるのですから。

 

他の高配当の優良企業でも、実質的に前年配当維持または増配という配当政策を実施している会社はありますが、三菱商事のように、対外的に累進配当政策を宣言している会社は、ほとんどありません。

他社で累進配当政策を宣言しているのは、大手では三井住友フィナンシャルグループくらいだと思います。

 

対外的な宣言は、投資家への約束になりますから、非常に重みがあります。

 

三菱商事の現在の配当利回り約3.9%で買えば、累進配当政策ですので、将来的には配当利回りが3.9%以上にアップすることが確定します。

最低でも前年配当を維持なので、配当利回りが下がることはありません。

 

この累進配当政策を、三菱グループの中核会社で総合商社首位の三菱商事が、国内と世界中の機関投資家・個人投資家に向けて宣言しているのですから、その名にかけても、累進配当政策を簡単に変更することはない、と考えられます。

 

経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、三菱商事の増配傾向は続くと推定されます。

 

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

三菱商事は、売上高14兆円以上、時価総額5兆円以上、日経平均225銘柄の一つであり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

基準4.業績が好調または堅調であること

三菱商事は、総合商社の首位で、資源エネルギー、機械、食品、化学品、金属、インフラなど各種の事業を行っています。なおコンビニのローソンも、三菱商事の子会社です。

 

三菱商事の強みは、事業基盤が分厚く、事業バランスが良いところです。一つの事業で、ちょっとやそっとの損失があっても、びくともしません。

 

業績の数字には、年により多少のアップダウンがありますが、おおむね業績は堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、三菱商事は買いと判断しています。

特に、減配をしない累進配当政策と、総合的な事業の盤石さ・安定感が魅力的です。

三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)
8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討します。 ...
三菱ケミカルホールディングス(高配当株)
4188三菱ケミカルホールディングス(昔の三菱化学)は、高配当株の一つです。私は現在保有していませんが、監視銘柄としてチェックしています。 ≪追記≫その後、三菱ケミカルホールディングス株式を購入して株主になりました。 本...

コメント