配当金に対する4つの気持ち~なぜ配当金に対して、このような感情になるのか?~

高配当株からの配当金を受け取ったとき、なんとも言えない気持ち、他では味わえないような喜びに満たされます。

 

いったい、この配当金への気持ち・感情は何なのか、どこから来るのか、真面目に考えてみました(笑)

 

配当金に対する気持ちを考えることは、配当金のメリットの分析に、つながっていきますので、今後の高配当株投資へのモチベーションアップにも、効果があると考えています。

 

配当金に対する気持ち・感情の種類

1.嬉しさ・喜び

配当金を受け取ると、単純にとても嬉しいですね。なんとも言えない、喜びの気持ちが、あふれてきます。

 

2.楽しみ・ワクワク感

配当金が支払われるのを待っている期間は、とても楽しくて、ワクワクしています。今か今かと、配当金の入金が待ち遠しい。

ちょっと違いますが、遠距離恋愛中の恋人に久しぶりに会えるといった感じかもしれません。

 

アメリカの超大富豪で、お金で買えるモノは全て持っていると言っていい、ジョン・D・ロックフェラーですら、次のような言葉を残しています。

「私のたった一つの楽しみをご存じですか? それは配当金が配達されてくるのを見ることです。」

 

3.安心感

自分には、給料以外にも、配当金という副収入があるという事実は、非常に安心感があります。

 

配当金で買えるいろいろなモノ・サービスから得られる、物質的な豊かさもありますが、配当金からは精神的な豊かさ(安心感・余裕)を得ることができます。

 

このことを、横田濱夫さんは、著書「夢の配当生活のすすめ」において、

“会社で嫌なことがあってもケセラセラ“ と表現しています。

 

ケセラセラとは、「なるようになる、肩の力を抜いてリラックスして行こうぜ」みたいな意味です。

配当金があれば、嫌なことがあっても、ストレスを溜めずに、心の中でサラリと受け流せるようになるということですね。

配当生活の方法を手軽に学べる本「夢の配当生活のすすめ」
私は、配当生活ができれば人生が変わってくるなあと以前からぼんやり思っていたのですが、実際に具体的に考え始めたのは、横田濱夫さんの著書「夢の配当生活のすすめ」を読んでからのことです。 この本には、配当生活のための具体的・実践的な...

 

4.感謝

配当金を受け取るたびに、今回もありがとうと思います。自然に感謝の気持ちが湧いてきて、手を合わせたくなります(笑)

 

誰に対してのありがとうかと言えば、突き詰めて考えれば、配当金を出している企業の社員さんに対してなんだろうなとは思います。

けれども、どちらかと言うと、配当金そのものに対して、感謝の気持ちを抱いているというのが、正直な気持ちですね。本当に、ありがたい!

 

配当金に対する気持ちの理由

これらの配当金への気持ち・感情は、どこから来ているのか、この気持ちが起きる理由は何なのか?

それは、下記の3つに集約されると考えています。

 

1.配当金は、完全な不労所得

この理由は、大きいですね~

配当金は、働かなくても(自分の時間を拘束されなくても)、好きなことをしていても、ぐっすり寝てても、きちんと入金されます。

 

配当金を受け取るには、株式を買って、持っているだけでOKです。

その他は何も必要ありません。まさに、お金がお金を産む仕組みです。配当金は、人生を豊かにしてくれます。

 

2.配当金は、生活費の支えになってくれる

給料だけで暮らしていた場合、病気や事故、リストラなどで、給与収入がなくなってしまうと、たちまち生活に行き詰ります。

 

しかし、そこに配当金からの収入があったら、どうでしょうか。

配当金は、生活費をサポートしてくれます。たとえ、配当金が生活費を全額カバーできない額であっても、精神的にだいぶ楽になるのは、間違いありません。

 

いざとなれば、アルバイト+配当金でも、生活がなんとかなるという状況なら、経済的にも精神的にも、余裕を持って、人生を送ることができます。

 

3.配当金には、唯一無二の価値がある

配当金は、代わりとなるものがない大事な存在である、という気持ちを持っています。

私にとって、配当金にはプライスレスな価値があります。配当金の中身は、現金そのものなのに、プライスレスとは変な感じもしますが(笑)

 

配当金は、株式を保有している限り、ずーーーーーーーーっと半永久的に入金されますし、増配があれば自動的に金額が増えていきます。

 

こんなに素晴らしい特長があるものは、配当金以外では、なかなか思いつきません。

やはり配当金は、唯一無二の存在と言っても、過言ではありません。

まとめ

配当金に対する気持ちは、上記のような配当金の優れたメリットから、来ていることが分かりました。

 

私は、もう配当金を愛してると言ってもいいくらいです。配当金が大好きです(笑)

米津玄師の”馬と鹿”という歌にあるように、「これが愛じゃなければ、なんと呼ぶのか、僕は知らなかった」くらいの、配当金に対する気持ちです。

 

皆さんは、配当金を受け取ったとき、どのような気持ちになりますか?

 

この素晴らしい配当金の受取額を少しずつ増やしていくために、高配当株への投資活動を頑張ります!

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

高配当株10社の配当利回りの水準を考える~今の水準は割安?~
高配当株の配当利回りには、いろいろな幅があります。 配当利回りが2%程度のものもあれば、6%を超えるものもあるなど、さまざまです。 今回は、優良な高配当株10社について、現在の配当利回りの水準が、過去10年の水準...
高配当株の4つの魅力とは? ~人生を変える力になる~
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。高配当株は、人生を変える力を持っていると言っても、過言ではありません。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 魅力1.不労所得を半永久的にゲット...

コメント