「老後の年金不足2000万円」問題~配当金で解決する方法を考える~

金融庁が発表したレポートで指摘した、老後の年金不足2000万円の問題。

いろいろと世間で話題になっている、この2000万円問題ですが、高配当株への投資を早めに始めることで、解決可能だと考えています。

 

「老後の年金不足2000万円」問題とは?

この問題は、様々な考え方があると思いますが、ここでは、以下のような問題であると想定します。

 

老後(65歳から95歳で亡くなるまでの30年間)に、夫婦2人世帯が豊かで充実した生活を送るためには、年金だけでは足りず、年金以外に2000万円が必要になる。

 

老後に2000万円を用意するには?

生活費2000万円が不足するのは、65歳から95歳までの30年間です。

よって、1か月当たりで考えると、1か月約56,000円の不足になります。

※2000万円÷360か月(30年)=約56,000円/月

 

この1か月約56,000円の不足額を、何らかの方法で用意できれば、老後年金不足2,000万円問題は、解決です。

 

何らかの方法と言っても、老後30年間95歳まで、ずっと働き続けるのは非現実的ですから、やはりここは、不労所得で用意したいですね。そこで、完全な不労所得である、配当金の出番です。

 

1か月56,000円の配当金

それでは、高配当株で1か月56,000円の配当金を受け取るには、どの程度の投資元本(現金)が必要でしょうか。

 

例えば、配当利回り5%(=税引後の配当利回り4%、配当金には税金が約20%かかる)の高配当株に投資するとします。

 

  • 税引後配当利回りが4%の場合

1か月56,000円の配当金(税引後の手取り額)を受け取るためには、60歳時点で1,680万円の投資元本を使って、高配当株を買うことが必要になります。

※1,680万円×4%÷12か月=56,000円/月

 

なあんだ、1,680万円の投資元本を用意できるくらいだったら、そもそもの問題の2000万円と大して変わらないじゃないか、と思うかもしれません。

 

しかし、高配当株には素晴らしい特長があるため、用意すべき投資元本は、もっと少なくても大丈夫です!

高配当株の素晴らしい特長

高配当株の特長は、「増配が行われることで、自動的に配当利回りと配当金がアップする」という点です。

 

ですので、当初の投資元本が少なめであっても、

増配で配当利回りアップ ⇒ 受取り配当金が増える

ということが想定できます。

 

高配当株の企業は、株主還元の意識が高く、毎年のように増配を実施する傾向があります。

 

そのため、たとえ現在の税引後配当利回りが4%でも、増配が継続的に行われると、数年後には、税引後配当利回りが5%を軽々と超えます。

 

詳しい計算内容などは、下記の記事を見てみてください。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する~増配で配当金と配当利回りがどんどんアップ!~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

 

上記の記事で検証していますが、例えば、JT株式の配当利回り、直近3年間の増配率などで試算すると、投資から12年後には、税引後の配当利回りが10%に到達します。

 

準備すべき投資元本の金額は?

上記の試算では、投資から12年後に、税引後配当利回りが10%になりますが、ここでは余裕を見て、15年後に10%と考えてみます。

 

  • 税引後配当利回りが10%の場合

1か月56,000円の配当金をもらうためには、672万円の投資元本があればOKです。

※672万円×10%÷12か月=56,000円/月

 

よって、

1.優良な高配当株への投資から15年後には、税引後配当利回り10%になる

2.672万円を投資する

 

⇒つまり、50歳の時点(65歳の15年前)で、672万円を優良な高配当株へ投資できればよい、ということになります。

 

そのためには、例えば、今30歳だとすると、50歳まで20年間あります。

20年間で672万円を貯めればOKなので、毎月28,000円を積立て貯金すると、50歳時点で必要な投資元本を用意することが可能です。

※672万円÷20年÷12か月=28,000円/月

 

また、積立て貯金ではなく、30歳から1か月28,000円を、高配当株への投資に使っていけば、もっと多く、配当金をもらえる可能性もあります。

 

まとめ

仮定条件での試算ですが、1か月28,000円の積立てであれば、全く手が届かないものではないと思います。

とにかく、早めにスタートすればするほど余裕ができますので、興味のある方は、ぜひ検討してみてください。

 

配当金は完全な不労所得で、寝てても遊んでても入金されますし、減配されない限り、95歳までと言わず、一生ずーーーーっと受け取れます!

 

私も、どんどん高配当株へ投資して、自分年金(毎月の配当金)をたくさん受け取れるようにしたいと考えています。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が「累進配当ブラザーズ」と密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当...

コメント