配当資産の状況 2019年7月末

梅雨空が多く寒かった、今年の7月が終わりました。

2019年7月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

配当資産の状況 2019年7月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,400万円(35.0%)

高配当株   :2,600万円(65.0%)

————————————————————

合 計    :4,000万円(100%)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間123万円

=1か月当たり102,000円(前月末比 同額)

 

≪参考≫2019年7月末 日経平均株価:21,521円(前月末比プラス246円)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部からも、配当金を受領しています。

 

私の理想とする配当利回りは、“税引後”で「4%以上」です。

これは、税引前の通常ベースの配当利回りだと5%以上に該当する、なかなか高いハードルです。

 

けれども、現在保有している高配当株の企業が、今後増配を行っていくことで、将来的に自然に達成できるだろうと考えています。

配当利回り10%に到達することも、決して夢ではありません。詳細は、下記記事をご参照ください。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

今月の振り返りと今後の方針

配当資産からの予想配当金(税引後)に関して、7月末時点では、1か月当たり102,000円と、6月末と同額となりました。

 

しかし、配当金というものは、本当にありがたいものですね。定期的に入金される、この安心感は、なにものにも代えがたいです。

 

現在、保有する株式ポートフォリオの入れ替えを、少しずつ進めています。

基本的には、下記記事で書いた投資戦略に従って、超大型株を買い増すために、その他の株式を少しずつ売却し、買い増し資金を作っています。

現在の投資戦略を整理し、配当生活の早期実現を目指す!
配当生活の早期実現に向けて、現時点での自分の投資戦略について、考えを整理したいと思います。 投資の目的 目的:①リスクを抑えながら、②できるだけ早く、配当生活を実現したい この目的を達成するために、以下の方...

 

8月に入って暑くなり、夏らしくなってきました。株式市場も、熱く盛り上がることを期待しています。

私の次の目標、1か月当たり15万円の配当金(税引後の手取りベース)に向けて、8月もコツコツと投資をしていきます。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

【2019年版】累進配当ブラザーズの今期の配当金予想!
2019年3月期までの本決算実績と今期の配当金予想が出そろいました。 そこで、累進配当ブラザーズの状況について、配当金予想や、増配に必要なキャッシュという観点なども含めて、まとめて確認しておきたいと思います。 ...
投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。 今回は...

コメント