配当資産の状況 2020年9月末

配当生活の象徴

9月は、菅新総理大臣の就任、菅内閣での新しい大臣メンバーの決定がありました。日本経済の上昇に向けて、頑張って欲しいです。応援してます。

 

2020年9月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2020年9月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:2,500万円(52.1%)

高配当株   :2,300万円(47.9%)

————————————————————

合 計    :4,800万円(100%)

≪参考≫2020年9月末 日経平均株価:23,185円(前月末比プラス46円)

 

※現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、年間128万円

=1か月当たり107,000円(前月末比同じ)

 

※取得価格ベースでの計算で、税引後の配当利回りは3.9%(税引前の通常の配当利回りでは4.9%)。なお高配当株だけではなく、保有の値上がり期待株の一部からも配当金を受領しています。

 

⇒私が高配当株へ投資する大きな理由は、保有中の高配当株が増配をすると、取得価格ベースでの「配当利回りがどんどんアップしていくから」です。

 

この素晴らしい特長があるため、高配当株の増配傾向が続いていくと、保有している高配当株が、将来には配当利回りが10%以上になることも、全く不思議ではありません。むしろ十分にあり得ます。

 

そして、配当利回りが上がるということは、投資した元本金額が少なかったとしても、より大きな配当金額を受領できるということを意味します。

 

例えば、年間の配当金120万円(=月10万円)を受け取りたい場合、

 

配当利回りが3%なら、4千万円の投資元本が必要(4千万円×3%=120万円)

しかし、配当利回りが10%なら、1千2百万円(12百万円×10%=120万円)でOKです。

 

これは、本当に本当に、大きなメリットです。

 

自分は何もしていないの、優良な高配当株を保有しているだけで、増配によって配当金と配当利回りがジワジワと上がって行く。そして、少しずつ増える配当金で、少しずつ生活が楽になって行く。

 

こういう体験をすると、高配当株が大好きになりますし、投資へのモチベーションも上がります。配当金を積み上げていけば、配当生活も実現できます。

 

この増配による効果を長期間にわたって受けるために、高配当株を長期保有していく方針で、投資を行っています。

投資資金が少なくても大丈夫!~配当金の増配で配当利回り10%超えも夢じゃない~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

今月の振り返りと今後の方針

9月は終盤になって、ビッグニュースが飛び込んできました。

 

そう、NTTがドコモをTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化するという件です。TOB成立で、ドコモは上場廃止になります。

 

ドコモは、上場以来、減配したことがない優良な高配当株です。

 

私は、ドコモ株式は、ほぼ永久保有の方針でしたので、困っています。

 

TOBが成立するのは確実なので、ドコモは市場で売却する予定です。キャピタルゲインは得られますが、売却後、ドコモからの配当金はなくなってしまいます。

 

ドコモを売却したお金で、ドコモに代わる、別の高配当株に投資して配当金を得る方針ですが、どの高配当株に投資すべきか、現在、絶賛悩み中です。

 

優良なドコモを取り込むNTTを素直に買うか、または、減配しない累進配当ブラザーズの三井住友FGや三菱商事にするか、いくつかの銘柄に分けて投資するか、悩んでます。でも、そうやって投資先のことを考えるのは、結構楽しかったりもします。

【2020年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を続ける企業たち~
2019年12月期本決算会社の決算と配当予想発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2020年版に更新しました。 2020年版では、累進配当ブラザーズに新たに1社が仲間入りしています。 夢の配当生活を実現する...

 

今月10月は、東証のシステム障害で売買が終日停止、さらにトランプ大統領の新型コロナウイルス感染など、波乱のスタートとなりました。

 

特に、アメリカ大統領選挙(投票日は11月3日)の動向に注意して、投資活動を進めていこうと思います。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

テンバガー(株価10倍株)まで株式を持ち続けるためのシンプルな方法
テンバガー(株価が10倍に値上がりする株)、実に魅惑的な響きです。 めったにお目にかかれないレアな株のような気がしますが、テンバガーは、我々の身近な生活の中でも発見することができます。 ファースト...
現在の受取り配当金を捨てて、米国グロース株に乗り換えるのは合理的なのか!?
最近、アメリカの株式市場が好調なので、米国株、特にハイテクグロース株への評価が高まっています。 高配当株よりグロース株、それも米国株でしょ、という世間の風潮・流れもあります。 しかし、高配当株メインの私は、あまり...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
配当資産の状況
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント