3135マーケットエンタープライズ(値上がり期待株)~成長するリユース市場と共に業績拡大~

3135マーケットエンタープライズ(マザーズ上場)は、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、マーケットエンタープライズを検討します。

値上がり期待株、3つの買いの基準
配当は少ないか、またはゼロであるが、成長途上の会社であって、株価の値上がりが期待できる株(売買益、キャピタルゲインを狙う株)を、私は値上がり期待株と呼んでいます。 私は、以下の基準に該当する値上がり株を購入しています。...

 

基準A.業績が好調で成長していること

=原則として、売上高は前年比10%以上、営業利益は前年比15%以上の伸びを2年以上継続していること

 

マーケットエンタープライズの業績推移 単位:百万円、( )は前年比

2017年6月期:売上高5,630 営業利益マイナス7

2018年6月期:売上高6,333(12%増) 営業利益96(プラス103)

2019年6月期:売上高8,472(34%増) 営業利益452(4.7倍)

2020年6月期予想:売上高10,000(18%増) 営業利益600(33%増)

 

売上高の伸びも営業利益の伸びも、勢いがあります。急成長中で、儲かっています。

よって、基準Aはクリアです。

 

基準B.時価総額が1,000億円以下であること(できれば300億円以下が望ましい)

マーケットエンタープライズの時価総額は、約90億円です。時価総額100億円未満と小さく、時価総額の点からは、今後の成長余地が非常に大きいです。よって、基準Bもクリアです。

 

基準C.今後も成長が継続する理由について、何らかのストーリーが描けること

マーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業をメインに行っています。

 

ネット型リユース事業とは、販売店等を持たずに、インターネットを通じて、中古商品の買取りから販売までを行うサービスです。

 

最近の消費者は、リユース品(中古商品)に対する抵抗感が薄れてきていて、リユースなどの “賢い消費” が世の中の大きな流れになっています。

 

リユースの市場規模は、年々拡大しており、1兆8,000億円まで成長。2020年には2兆円を超えると推定されます。

 

この拡大する事業環境の中で、マーケットエンタープライズは、上場会社としての信用力も背景にして、「高く売れるドットコム」「ReRe」などの、買取り・販売ECサイトを運営し、

累計利用者は100万人を突破、総合リユースEC売上No.1、ヤフオクのベストストアを6年連続受賞といった、数々の実績が既にあります。

 

また、北海道から九州まで、物流拠点(リユースセンター)を設置し、全国的な体制を整備済みです。

 

扱っている中古商品のジャンルは、家電、楽器、カメラ、スマホ、パソコン、時計、スポーツ用品、ベビー用品、釣り具、工具、絵画など、多種多様にわたります。

 

そして、これらの中古商品の中でも、農機具、建機、医療機器という、専門知識が必要なため個人間取引の参入が難しく、海外市場への展開が可能な専門商材の買取販売事業が、堅調に拡大している点も、強みとなっています。

この専門商材の分野は、将来的に大きな可能性を秘めていると考えています。

 

さらに、マーケットエンタープライズは、中古農機具の買取りで農業総合研究所(東証マザーズ上場)と業務提携したり、三菱UFJ信託銀行と業務提携し、信託銀行の顧客に買取りサービスを提供するなど、他業種の企業との提携も着々と進めています。

結 論

以上を総合的に考慮し、値上がり期待株として、マーケットエンタープライズは買いと判断しています。

 

特に、拡大を続けるリユース市場において、事業が成長していること、かつ時価総額が小さいため、今後の株価上昇余地が非常に大きい点が魅力的です。

 

現在のマーケットエンタープライズの時価総額約90億円が10倍になっても、時価総額900億円です。将来テンバガーを超えて、どんどん大きくなっていくことを期待しています。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

現在の投資戦略を整理し、配当生活の早期実現を目指す!
配当生活の早期実現に向けて、現時点での自分の投資戦略について、考えを整理したいと思います。 投資の目的 目的:①リスクを抑えながら、②できるだけ早く、配当生活を実現したい この目的を達成するために、以下の方...
累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が「累進配当ブラザーズ」と密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当...

コメント