人生で本当にやりたいことができる「配当生活」とは?

こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。

配当生活とは、株式・J-REIT・投資信託などを買って、保有しているともらえる配当金や、債券(米国債、日本国債など)を保有するともらえる利息金によって、生活することです。

 

それでは、どれくらいの配当金があれば、生活していけるのでしょうか?

 

個人個人それぞれの状況、独身か家族持ちか、都市部か地方在住か、などにもよると思いますが、最低でも1か月20万円、できれば1か月30万円以上の配当金が欲しいところですね。もっとあるに越したことはないですが…

配当金額を投資金額で割ったものを配当利回りといいます。

例えば、株式を100万円分買って、その株式から配当金が年間3万円受け取れる場合、配当利回りは年3%ということになります(3万円÷100万円)

 

今は、NTTドコモやキヤノンなどの大型企業でも、配当利回りが3%以上あります。

但し、配当金に約20%の税金がかかりますので、実際の手取り額は配当金の約8割になります。

 

仮に、配当利回りを3%と想定した場合、1か月20万円の配当金手取り額を得るのに必要な元本の額は1億円です。

 

投資元本1億円×配当利回り3%×80%(税金控除後)÷12か月

=240万円

=1か月20万円の手取り

 

1か月30万円を得るなら、元本は1億5千万円必要です。

このように、シミュレーションで計算してみると、必要元本額への到達までは、はるか遠い道のりに思えてきます。なにせ1億円以上ですから!

 

ですので、私は当面の目標を1か月10万円の配当手取り額として、投資を行っています。1か月10万円の不労所得があれば、生活の充実度は断然違ってきますし、その配当金をまた投資元本に組み入れていくこともできます。

 

1か月10万円の手取り配当金を受け取るのに必要な元本額は5千万円です。

ただ、この金額もあくまでも配当利回り3%の想定なので、もし3.5%や4.0%など、より配当利回りの高い株式を買うことができれば、必要元本額は下がります。

 

安全性にも気を付けながら、できるだけ配当利回りの高い株式を狙っていきたいと考えています。

高配当株の4つの魅力とは? ~人生を変える力になる~
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。高配当株は、人生を変える力を持っていると言っても、過言ではありません。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好...
累進配当ブラザーズ!
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 ...

コメント