配当資産の状況 2019年9月末

今年も早いもので、9か月が過ぎました。2019年も、残り3か月ですね。

 

思えば、昨年9月に、このブログ「Road to 配当生活」を新たにスタートして、1年が経過しました。

ここまで継続できたのは、このブログを読んでくださる皆様のおかげです。本当に感謝しています。ありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします!

 

2019年9月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2019年9月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,300万円(33.3%)

高配当株   :2,600万円(66.7%)

————————————————————

合 計    :3,900万円(100%)

≪参考≫2019年9月末 日経平均株価:21,878円(前月末比プラス1,174円)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間124万円

=1か月当たり103,000円(前月末比プラス1,000円)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

 

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部からも、配当金を受領しています。

 

私の理想とする配当利回りの目標は、“税引後”での配当利回り「4%以上」です。

これは、税引前の通常ベースの配当利回りだと5%以上に該当するので、なかなか高いハードルです。

 

けれども、この配当利回りの目標は、現在保有中の高配当株の企業が、今後増配を行っていくことで、将来的に自然に達成できると考えています。

 

増配を行う高配当株の保有を続ければ、将来的に配当利回り10%になることも、決して夢ではなく、実現性があります。詳細は、下記記事をご参照ください。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する~増配で配当金と配当利回りがどんどんアップ!~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

 

今月の振り返りと今後の方針

9月末時点の配当資産からの予想配当金(税引後)については、1か月当たり103,000円と、8月末に比べて、プラス1,000円となりました。

 

受取り予想の配当金が先月比で、1か月1,000円増えているわけですが、これは、今月JT株100株を買い増したからです。

 

JTは、現在の株価が約2,400円で、配当予想は1株154円、配当利回りは約6.4%です。

 

このJT株を100株買うと、

投資金額は2,400円×100株=24万円、

年間予想配当金(税引後の手取り)は154円×100株×約80%=12,320円/年

なので、1か月当たり約1,000円の手取り配当金となります。

高配当株の配当金は、まず1か月当たり千円を目指そう!
配当生活は、受け取る配当金だけで生活できることを意味しますが、この状態をいきなり目指すと、はるか遠い目的地のように感じます。 そこで、おすすめなのが、最初は小さい額の達成を目標にするというものです。最初の目標を達成した...

 

減配がない限り、この増えた配当金1,000円/月は、ずーーーーーーーーーーーっと、入金されます。

つまり、減配がない限りという条件付きですが、今24万円をJTに投資すると、1か月当たり1,000円以上の手取り配当金が、永遠に入ってくるわけです。

 

もし、その10倍の240万円を投資すれば、1か月当たり1万円(年間12万円)の手取り配当金を受け取れます。

 

現在のこの株価・配当利回りの水準をどう考えるか?

私は、割安でお買い得な水準と考えているので、これからも少しずつ投資していきます。

ただし、JTだけではなく、その他の優良高配当株も増やしたいと考えています。

高配当株10社の配当利回りの水準を考える~今の水準は割安?~
高配当株の配当利回りには、いろいろな幅があります。 配当利回りが2%程度のものもあれば、6%を超えるものもあるなど、さまざまです。 今回は、優良な高配当株10社について、現在の配当利回りの水準が、過去10年の水準...

 

10月は、下旬から、3月決算企業の中間決算発表が本格化します。

各社の決算動向を注視しながら、私の次の目標である、1か月当たり15万円の配当金(税引後の手取りベース)に、少しでも近づいていきたいと思います。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が「累進配当ブラザーズ」と密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当...
【2019年版】2914JT(高配当株)~累進配当を15年以上継続・配当利回り5%超~
JTの2018年12月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、...

コメント