配当資産の状況 2023年11月末

スポンサーリンク

配当生活の象徴

 

11月は、阪神タイガースが、パ・リーグの覇者オリックスとの関西対決を制し、1985年以来、なんと38年ぶりの日本一に輝きました!

 

日本一おめでとうございます!

そして、平田ヘッドコーチの言葉を一部お借りします。

 

「日本の投資家の皆さん、おつかれ生です♪」

(すみません、一度言ってみたかったんです...)

 

2023年11月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

スポンサーリンク

配当資産の状況 2023年11月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,400万円(14.7%)

高配当株   :8,100万円(85.3%)

————————————————————

合 計    :9,500万円(100%)[前月末比プラス100万円]

≪参考≫2023年11月末 日経平均株価:33,486円(前月末比プラス2,628円)

 

●現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は年間247万円

1か月当たり206,000円(前月末比プラス2千円)

※税引前の配当金は年間308万円

 

「配当生活(※)」という目標を実現するため、毎日の投資活動によって、自分が受け取る配当金を少しずつ積み上げて増やしていくことを心掛けています。

※配当生活=株式からの配当金で生活できる、経済的に自由な状態。

 

投資を始めた当初は、受取り配当金は少ないのですが、高配当株への投資を毎月コツコツと継続していくと、配当金が1か月当たり10万円を超えるまでに大きくなってきます。

 

小さな雪玉を転がして、だんだん大きな雪ダルマをつくっていくイメージです。

 

配当金が1か月10万円以上にまで成長すると、毎日の生活の中でも、配当金のありがたみを非常に実感するようになります。

 

自分の給料とは別に、配当金が月額10万円以上入ってくる状況を、少し想像してみて下さい。

 

その状況は、とてもありがたいですし、助かります。

物質的にも精神的にも、生活の自由度・余裕度が、格段にアップします

 

配当金は、一度きりの自分の人生で自分のやりたいことをする、その経済的な手助けになってくれます。

 

そして、その配当金のありがたみを実感すると、今よりもっと配当金を積み上げたいという意欲が自然に出てきて、次の投資活動への強いモチベーションになる、という好循環のサイクルができあがります。

スポンサーリンク

 

●2023年11月末現在、取得価格ベースでの計算で、税引後の取得配当利回りは5.7%(税引前の通常の取得配当利回りでは7.1%)

 

⇒私が高配当株へ投資する大きな理由は、保有している高配当株が増配を行うと、取得価格ベースでの「取得配当利回りと配当金がどんどんアップしていくから」です。

 

取得配当利回り(取得価格ベースでの配当利回り)=1株当たり配当金÷購入時の株価

※上記式の分母は固定値で変わりませんから、分子の配当金が増配で増えると、取得配当利回りはアップしていきます。

 

例えば、1株当たり配当金が40円、株価が1,000円のA社株式を買ったとすると、配当利回りは4%(=40円÷1,000円)です。

このA社が1年後に増配して配当金が50円になったとすると、自分の取得配当利回りは5%(=50円÷1,000円)にアップします。

 

自分は何もしていないのに、増配によって、当初の投資額1,000円に対するリターン(取得配当利回り)が4%から5%にアップしたわけです。

「取得配当利回り」を考える~高配当株投資での大きなメリット~
「取得配当利回り」という考え方があります。 私が高配当株へ投資する大きな理由は、増配によって、取得配当利回りと配当金がどんどんアップしていくからです。 これは、高配当株投資をする際に、非常に大きなメリットになります。 今回は、取得配当利回り...

 

これこそが、高配当株の非常に大きなメリットであり、皆さんにぜひ知って頂きたい点、そして、実際に皆さんに経験して実感頂きたい点でもあります。

 

高配当株を持っているだけで、購入時は配当利回り4%だったとしても、その後の増配によって、取得配当利回りが5%、6%、7%、それ以上に上がっていく

 

この素晴らしい特長があるため、高配当株の増配傾向が継続していくと、保有中の高配当株について、将来的に自分の取得配当利回りが二桁10%以上になることも、全く夢ではありません。むしろ普通にあり得ます。

もし10年前に累進配当ブラザーズを買っていたら?
今まで、このブログでは、減配しない累進配当や取得配当利回りアップの大きな魅力・メリットについて、繰り返し書いてきました。 では、実際に過去の実績を振り返ってみると、どうだったのでしょうか? 今回は、もし10年前に累進配当ブラザーズを買ってい...

 

そして、取得配当利回りがアップするということは、たとえ投資するお金が少なかったとしても、より大きな配当金額を受け取れることを意味します。

 

例えば、年間の配当金120万円(=月10万円)を受け取りたい場合、

・配当利回りが3%なら ⇒ 4,000万円の投資元本が必要(4,000万円×3%=120万円)

・配当利回りが10%なら ⇒ 1,200万円の投資元本でOK!(1,200万円×10%=120万円)

 

上記のように、配当利回りが10%であれば、配当利回り3%の時と比べて、投資元本が2,800万円も少なくて済みます!

投資資金が少なくても大丈夫!~配当金の増配で配当利回り10%超えも夢じゃない~
配当生活(配当金生活)をするには、多額の元本が必要に思えます。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ※1億2...

 

これが、高配当株の大きな大きなメリットです。

「人生を変える力を持っている」、と言っても決して過言ではありません。

 

自分は何もしていなくても、働かなくても、旅行中でも、たとえ昼寝をしていたとしても、優良な高配当株を保有しているだけで、増配によって、受取り配当金と取得配当利回りが少しずつアップしていく。

 

これは、お金に働いてもらう、お金でお金を稼ぐことを意味しています。お金持ちが更にお金持ちになっていく理由でもあります。

 

まさに、高配当株からの配当金は、完全な理想的な「不労所得」です。

そして、半ば自動的に少しずつ増えていく配当金によって、少しずつ毎日の生活が豊かになっていく

 

こういった配当金の体験をすると、高配当株が大好きになりますし、投資へのモチベーションも非常に上がります。

一度体験すると、もう高配当株投資は止められません!

 

この増配による効果を長期間にわたって受けるために、できるだけ早めに、できるだけ多めに、高配当株を買って長期的に保有していく方針で投資を続けています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

月額10万円の配当金をつくる方法・手順について、具体的にマニュアルにまとめました。

★人生を変える「月額10万円の配当金」をつくる方法はコチラ↓↓

「高配当株投資」超実践マニュアル ~【新NISA対応改訂版】~|ショウ
※非課税期間が無期限となった「新NISA」にも対応するバージョンに改訂しました。 こんにちは、ショウです。 株式からの配当金で生活できるようになる “配当生活“ を目指して、「Road to 配当生活」というブログを書いています。 配当生活...

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今月の振り返りと今後の方針

今月11月は、中東情勢や米国金利の動向に振り回されつつ、企業の総じて好調な四半期決算発表などにより、株式市場は上昇しました。

日経平均株価は、月中に、バブル崩壊後の1990年3月以来33年ぶりの高値を更新。

 

今回の四半期決算発表は、3月本決算会社の中間決算が中心です。

中間決算では、三菱商事と三井住友フィナンシャルグループが、増配を発表してくれました!

 

増配を聞いた時の喜びは特別なものがあり、高配当株投資をしていて良かったと心から思います。

まさに、上記で書いたように、自分は何もしていないのに、増配で取得配当利回りと配当金がアップしたわけです。

「取得配当利回り」を考える~高配当株投資での大きなメリット~
「取得配当利回り」という考え方があります。 私が高配当株へ投資する大きな理由は、増配によって、取得配当利回りと配当金がどんどんアップしていくからです。 これは、高配当株投資をする際に、非常に大きなメリットになります。 今回は、取得配当利回り...

 

三菱商事と三井住友FGの両社は、減配しない累進配当政策を対外的に公約している貴重な企業です。追加増配、ありがとう!

【2023年版】8058三菱商事(高配当株)~累進配当政策を公約する絶対王者~
三菱商事の2023年3月期本決算が発表されましたので、2023年版の内容に更新しました。 8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。 基準...
【2023年版】8316三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)~累進配当政策を対外的に宣言・海外にも積極展開するメガバンク~
三井住友フィナンシャルグループの2023年3月期本決算が発表されましたので、2023年版の内容に更新しました。 8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログで書...

 

今年も、あと残り1か月。本当に早いですね。

12月は、サラリーマンのボーナス月、さらに、3月本決算会社の中間配当金が続々と入金される月でもあります。

これらの資金が株式市場に向かい、年末ラリーが起きるのを期待しています

 

そして、1か月後の新年、2024年1月からは、いよいよ新NISAがスタートします!

【新NISAが決定!】改正内容と新NISAの活用方針
2022年12月16日、ついに、自民党税制調査会(党税調)において、令和5年度(2023年度)税制改正大綱が決定し発表されました! 税制改正大綱には、新NISA(少額投資非課税制度)の拡充・恒久化の内容も記載されています。 今後、党税調が取...

 

私の新NISA活用方針については、改めて当ブログで書きたいと思いますが、新NISAでも優良な高配当株をメインに投資していく予定です。

 

なお、12月12日には、私ショウの著書『世界一やさしい 高配当株投資の教科書1年生』が発売されます。良かったら、ぜひ読んでみてください!

 

今後も、株式市場の動向を注視しながら、長期的な観点で投資して、受取り配当金をコツコツと積み上げていきたいと思います。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのX(旧Twitter)アカウント

 

★★★おすすめ記事★★★

●「高配当株投資」についての超実践マニュアル!

「高配当株投資」超実践マニュアル ~【新NISA対応改訂版】~|ショウ
※非課税期間が無期限となった「新NISA」にも対応するバージョンに改訂しました。 こんにちは、ショウです。 株式からの配当金で生活できるようになる “配当生活“ を目指して、「Road to 配当生活」というブログを書いています。 配当生活...

●減配しない「累進配当」を長年継続している素敵な企業たち

【2023年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を長年継続する素晴らしい企業たち~
2023年3月期本決算会社の決算発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2023年版に更新しました。 2023年版では、累進配当ブラザーズに新たに1社が仲間入りしました。 夢の配当生活の実現を目指して、高配当株への投資活動を毎日続けてい...

●お金の悩みをFPに無料で相談できるお得な方法

お金の悩み全般をFPに無料で相談できるお得な方法!~ "保険チャンネル" ~
お金の悩みって、本当にいろいろありますよね。 生活費や教育費、生命保険、結婚資金、住宅ローン、老後費用、介護費用、投資、税金などなど、人生にはお金の悩みがいっぱいです。 このようなお金の悩みについては、ネットの情報や書籍で勉強したり、家族で...

●投資本リスト1(高配当株・バリュー株投資)

投資本リスト1(高配当株・バリュー株投資)
投資活動の参考になるオススメ投資本について、まとめてみました。 この記事では、「高配当株・バリュー株投資」に関する投資本を集めています。 なお、この記事の目次にて、投資本リストを一覧で見ることができ、書名をクリックすると、その本の記載に飛べ...
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
スポンサーリンク
配当資産の状況
スポンサーリンク
ショウをフォローする
スポンサーリンク
Road to 配当生活

コメント