配当資産の状況 2021年1月末

配当生活

この1月は、年明け早々、緊急事態宣言が発出されるなど、新型コロナの影響が続いています。しかし、今年も既に1か月が過ぎてしまったと思うと驚きです。

 

2021年1月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2021年1月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:2,700万円(50.9%)

高配当株   :2,600万円(49.1%)

————————————————————

合 計    :5,300万円(100%)

≪参考≫2021年1月末 日経平均株価:27,663円(前月末比プラス219円)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、年間137万円

=1か月当たり114,000円(前月末比プラス1千円)

 

※取得価格ベースでの計算で、税引後の配当利回りは4.0%(税引前の通常の配当利回りでは5.0%)。

なお高配当株だけではなく、保有の値上がり期待株の一部からも配当金を受領しています。

 

⇒私が高配当株へ投資する大きな理由は、保有中の高配当株が増配をすると、取得価格ベースでの「配当利回りがどんどんアップしていくから」です。

 

これは、多くの方にぜひ知って頂きたい、高配当株の大きなメリットだと考えています。

 

この素晴らしい特長があるため、高配当株の増配傾向が続いていくと、保有している高配当株が、将来的には配当利回りが10%以上になることも、全く不思議ではありません。むしろ普通にあり得ます。

「配当利回り10%!」は本当に夢じゃないのか、高配当株を調べてみました
高配当株には、「増配が行われることで、自動的に配当利回りと配当金がアップする」という、素晴らしい特長があることについて、以下の記事などで、これまで何度も書いてきました。 こういった特長があるため、優良な高配当株...

 

自分は何もしていないのに、たとえ寝ていたとしても、優良な高配当株を保有しているだけで、増配によって配当金と配当利回りがジワジワと上がって行く。

 

そして、少しずつ増える配当金で、少しずつ生活が豊かになって行く。

生活費を自分の給料の範囲内に抑えれば、受け取る配当金は全て余裕資金です。

 

こういう体験をすると、高配当株が大好きになりますし、投資へのモチベーションも上がります。一度体験すると、やみつきになります!

 

この増配による効果を長期間にわたって受けるために、高配当株を長期保有していく方針で、投資を行っています。

今月の振り返りと今後の方針

1月の株式市場は、日本もアメリカも、高値バブルへの警戒感が強まる中で、アップダウンが大きくなりました。

 

ちょっと不穏な空気も漂ってきています。株式市場の暴落が近づいているのかもしれません。

 

実際に暴落するかは分かりませんが、私も自分の配当資産を守るために、少しずつポートフォリオの攻めと守りのバランスを変えていこうと思います。

 

具体的には、キャピタルゲイン狙いの値上がり期待株の比率を下げて、インカムゲイン狙いの高配当株の比率を上げていきます。

 

そのために、今後の市場動向を注視しながら、値上がり期待株の一部を売却して、その資金で高配当株を購入し、守り重視にシフトしていくことを考えています。

 

そんな中で、今月は、20年以上も連続増配を続ける三菱UFJリースなどの高配当株を買い増ししました。三菱UFJリースは、株価が500円程度であり、少額から買えるのも魅力です。

【2020年版】8593三菱UFJリース(高配当株)~驚異の21年連続増配!・累進配当を長年継続中~
※本記事は、2021年版に更新しました。下記ご参照ください。 ※三菱UFJリースは、2021年4月1日付で、日立キャピタルと合併し、社名を「三菱HCキャピタル」に変更しました。 三菱UFJ...

 

バブル崩壊の懸念もある一方で、明るいストーリーの可能性もあります。

 

昨年から、新型コロナ用のワクチン接種が世界各国で始まりました(日本はまだですが)。

 

来月以降、もうそろそろ、ワクチンの効果が少し出てきて(=感染者数の減少)、効果が実感できるのではないでしょうか。

 

特に、連日大規模なワクチン接種を行っているアメリカにおいて、ワクチンの効果が明確に数字で表れてくれば、世界の株式市場は爆上げする可能性があります。

 

この楽観的なストーリーが実現することを願いつつ、株式市場の暴落懸念も警戒しながら、注意深く、投資活動を行っていきます。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

2021年NISA非課税枠で買う「高配当株のパッケージ」
たくさんのことがあった激動の2020年も、終わりが近づいています。もうすぐ新しい年がやって来ますね。 今回は、株式売買益と配当金にかかる税金が非課税となる“NISA枠“で買う、2021年の高配当株パッケージについて、検...
株式市場の暴落時に、勇気をもって高配当株を買い向かう!
株式市場は、歴史的に、上がったり下がったりを繰り返していますが、長期的に見ると、株価は右肩上がりで上昇していきます。 つまり、株価が下落した時に買えば、その後、株価が上昇した時に、大きな利益をつかむことができます。 ...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
配当資産の状況
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント