【2023年版】8058三菱商事(高配当株)~累進配当政策を公約する絶対王者~

スポンサーリンク

配当生活の象徴

 

三菱商事の2023年3月期本決算が発表されましたので、2023年版の内容に更新しました。

 

8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株に投資し購入しています。 ★高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持しているこ...

 

スポンサーリンク

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

三菱商事の予想配当利回りは、約3.7%の高さ。基準1はクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

三菱商事の配当金の推移

2016年3月期:50円

2017年3月期:80円(前年比60%増)

2018年3月期:110円(前年比38%増)

2019年3月期:125円(前年比14%増)

2020年3月期:132円(前年比5%増)

2021年3月期:134円(前年比2%増)

2022年3月期:150円(前年比12%増)

2023年3月期:180円(前年比20%増)

2024年3月期予想:210円(前年比17%増)

⇒2024年1月1日付で、1:3の株式分割を実施予定。上記配当は株式分割前の額。

 

※2022年5月に、上限700億円の自社株買いを発表

※2022年11月に、上限700億円の自社株買いを発表

※2023年2月に、上限1,000億円の自社株買いを発表

※2023年5月に、上限3,000億円の自社株買いを発表

 

三菱商事は、増配傾向を続けていることから、基準2もクリアです。

 

新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって、事業環境が悪化する中で、21/3期・22/3期も三菱商事は増配しました。その後も、増配を継続しています。

 

それができるだけの強固な利益構造と財務基盤を、三菱商事は持っているとも言えます。

 

2016年5月の決算発表にて、三菱商事は、「累進配当政策」を採用することを対外的に発表し宣言しました。

 

累進配当政策とは、減配せず、少なくとも前年の配当金額を維持するか、または増配を実施するという配当方針です。

 

これは、株主にとっては、非常にありがたく、驚異的にメリットがあることです。

 

たとえ、業績が悪い年でも、最低でも前年の配当と同じ金額は維持される上に、業績が好調な年は増配が実施されるのですから。

 

累進配当政策が継続される限り、株式を買った時以降、配当金が上がることはあっても、下がることはありません。

 

他の高配当の優良企業でも、実質的に前年配当維持または増配という配当政策を実施している会社はありますが、三菱商事のように、対外的に累進配当政策を公約までしている会社は多くありません。

【2023年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を長年継続する素晴らしい企業たち~
2023年3月期本決算会社の決算発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2023年版に更新しました。 2023年版では、累進配当ブラザーズに新たに1社が仲間入りしました。 夢の配当生活の実現を目指して、高配当株への投資活動を毎日続けてい...

 

そして、この累進配当政策の対外的な宣言は、日本のみならず、世界中の機関投資家・個人投資家への約束になりますから、非常に重みがあります

 

減配しない累進配当なら、三菱商事の現在の配当利回り約3.7%で買えば、累進配当政策が継続される限り、将来にわたって、配当利回りが3.7%以上になります。

 

累進配当政策では、配当金は、最低でも前年配当を維持するので、配当利回りが下がることもありません。

「取得配当利回り」を考える~高配当株投資での大きなメリット~
「取得配当利回り」という考え方があります。 私が高配当株へ投資する大きな理由は、増配によって、取得配当利回りと配当金がどんどんアップしていくからです。 これは、高配当株投資をする際に、非常に大きなメリットになります。 今回は、取得配当利回り...

 

この累進配当政策を、三菱グループの中核会社で総合商社の雄の三菱商事が、国内と世界中の機関投資家・個人投資家に向けて対外的に宣言しているのですから、その王者の名にかけても、累進配当政策を簡単に変更することはない、と考えられます。

 

2023年5月9日の決算説明資料においても、三菱商事は株主還元について、下記のように記載しています。

 

【2023年度以降の株主還元方針】

総還元性向40%程度を目処に、株主還元を実施する方針。キャッシュ・フローの動向等を踏まえた機動的な追加還元も、引続き検討。

【2023年度配当】累進配当制の下、一株当たり200円への増配を予定(22年度比+20円の増配)」

三菱商事の配当方針

※出所:三菱商事2023年5月9日決算説明資料

 

累進配当政策の宣言に加え、「機動的な追加還元」にも言及している点に、期待が持てます。さらなる増配も可能性があります。

 

また、「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けて」の説明もしています。

三菱商事のPBR1倍割れ対策

※出所:三菱商事2023年5月9日決算説明資料

 

⇒これは、PBR1倍割れ改革などに関する東証通知への対応だと考えられます。

なお、2023年5月10日現在、三菱商事のPBRは0.95倍であり、1倍を割れています。

【朗報!】東証がPBR1倍割れ改革について正式に通知~その内容と今後の投資方針~
これまでの東証フォローアップ会議での議論(下記記事ご参照)を踏まえ、2023年3月31日、東京証券取引所は上場企業各社に対して、PBR1倍割れ改革などに関する通知を正式に発出しました。 本件東証通知は、株主・投資家にとって朗報です! 各企業...

 

⇒2023年5月9日に決算発表と同時に発表された、三菱商事の大規模自社株買い(上限3,000億円)も、PBRとROE向上に向けた施策の一つになります。

 

三菱商事の経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高く、同社の減配しない累進配当は続いていくと考えられます。

スポンサーリンク

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

三菱商事は、売上高21兆円以上、時価総額7兆円以上、日経平均225銘柄の一つであり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

基準4.業績が好調または堅調であること

三菱商事は、総合商社として、資源エネルギー、機械、食品、化学品、金属、インフラなど各種の事業を行っています。

 

原料炭・銅・天然ガス・自動車・電力(風力発電)・水産(サケ、マスの養殖)などに、強みがあります。

 

就職人気ランキング上位の常連で、日本でも有数の優秀な人材を抱えています。

 

多数のグループ会社で事業を展開しており、千代田化工建設、ローソン、成城石井なども、三菱商事のグループ会社です。

 

事業基盤が分厚く、事業ポートフォリオのバランスが良いところが、三菱商事の強みです。一つの事業で、ちょっとやそっとの損失があっても、他の事業でカバーできるため、びくともしません。

 

まさに、王者 三菱商事、盤石と言ってもいい企業体力です。安定感が違います。

 

コロナ禍での業績低下はありましたが、屋台骨はまだまだ揺らいでいません。22/3期決算は、純利益が前年比5倍以上となるV字回復を見せました。

23/3期決算では、初の通期純利益1兆円超えを果たしています。

 

2020年8月には、あの世界最高の投資家、投資の神様とも言われるウォーレン・バフェット氏が、日本の総合商社株を大量に購入しました!

もちろん、三菱商事もバフェット氏の買付けの対象です。

 

バフェット氏の三菱商事株式の保有比率は5.04%。今後、最大で9.9%まで買い増す可能性があるとのことです。

⇒2022年11月に、バフェット氏は三菱商事株式の追加購入を公表。保有比率は6.59%に。

 

これは、三菱商事の株価が割安だとバフェット氏が考えていることを世界に示した結果になり、発表後、三菱商事の株価は上昇傾向を継続しています。

 

株価が割安=今後、事業拡大で業績上昇・利益増加するとバフェットが考えているということですので、期待感が高まります。

 

⇒2023年4月には、バフェット氏が自ら来日総合商社各社のトップと直接会談しました。

バフェット氏は、三菱商事を含む総合商社各社の保有比率が7.4%まで増えていることを明らかにし、今後、これをさらに増やして、9.9%まで投資していく方針を表明。

2023年5月現在、バフェット氏は三菱商事の株式保有を継続しています。

 

三菱商事の業績の数字には、年により多少のアップダウンがありますが、おおむね業績は堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

★人生を変える「月額10万円の配当金」をつくる方法はコチラ↓↓

「高配当株投資」超実践マニュアル ~【新NISA対応改訂版】~|ショウ
※非課税期間が無期限となった「新NISA」にも対応するバージョンに改訂しました。 こんにちは、ショウです。 株式からの配当金で生活できるようになる “配当生活“ を目指して、「Road to 配当生活」というブログを書いています。 配当生活...

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、三菱商事は買いと判断しています。

 

特に、減配しない累進配当政策を対外的に宣言していることと、総合的な事業基盤の盤石さ・世界情勢への迅速な対応力・企業としての絶大な安定感が、非常に魅力的です。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

「高配当株投資」超実践マニュアルを作成しました!
※非課税期間が無期限となった「新NISA」にも対応するバージョンに改訂しました。 『「高配当株投資」超実践マニュアル』とのタイトルを付け、note記事を作成しました。 ↓↓「高配当株投資」超実践マニュアル↓↓ 本マニュアルで目指す目標「1か...
お金の悩み全般をFPに無料で相談できるお得な方法!~ "保険チャンネル" ~
お金の悩みって、本当にいろいろありますよね。 生活費や教育費、生命保険、結婚資金、住宅ローン、老後費用、介護費用、投資、税金などなど、人生にはお金の悩みがいっぱいです。 このようなお金の悩みについては、ネットの情報や書籍で勉強したり、家族で...
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
スポンサーリンク
高配当株
スポンサーリンク
ショウをフォローする
スポンサーリンク
Road to 配当生活

コメント