配当資産の状況 2019年10月末

最近、東京もめっきり涼しくなりました。

10月は、消費税率の10%への引き上げや、超大型台風、即位の礼、日本開催のラグビーワールドカップで日本代表が大活躍するなど、いろいろと大きなイベントがありましたね。

 

2019年10月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2019年10月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,300万円(32.5%)

高配当株   :2,700万円(67.5%)

————————————————————

合 計    :4,000万円(100%)

≪参考≫2019年10月末 日経平均株価:22,927円(前月末比プラス1,049円)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間125万円

=1か月当たり104,000円(前月末比プラス1,000円)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

 

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部からも、配当金を受領しています。

 

私の理想の配当利回りは、“税引後”での手取りの配当利回り「4%以上」です。

これは、税引前の通常ベースの配当利回りだと5%以上に該当するので、なかなか高いハードルです。

 

けれども、この配当利回りの目標は、現在保有中の高配当株の企業が、今後増配を行っていくことで、自分は保有しているだけでも、将来的に自然に達成できると考えています。

 

増配を行う高配当株の保有を続ければ、将来的に配当利回り10%になることも、決して夢ではありません。実現性のある数字です。詳細は、下記の記事をご参照ください。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する~増配で配当金と配当利回りがどんどんアップ!~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

今月の振り返りと今後の方針

10月末時点の配当資産からの予想配当金(税引後)については、1か月当たり103,000円と、9月末に比べて、プラス1,000円となりました。

 

この10月は、消費税率の引き上げという逆風もありましたが、米中貿易交渉の一部合意の報道で、ニューヨーク市場が急騰、東京市場も日経平均が一時23,000円を超えるなど、好調に推移しました。

 

株式市場が好調だと、保有株の含み益が増えたり含み損が減ったりで、嬉しい反面、購入を狙っていた銘柄の株価が上がって、買いにくくなることもあります。嬉しい悲鳴ですね。

 

今月は、みらかホールディングスを買いました。

配当利回り5%超で、線虫を利用した画期的な新がん検査法N-NOSE関連での事業拡大も期待できる、なかなか面白い企業です。

【2019年版】4544みらかホールディングス(高配当株)~配当利回り5%超・線虫がん検査N-NOSE関連にも期待!~
4544みらかホールディングスは、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 マイルールの「高配当株、4つの買いの基準」に照らして、みらかホールディングスを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引...

 

11月は、企業の決算発表がピークを迎えます。

各社の決算内容や業績予想、そして配当予想が、非常に楽しみです。

 

次の目標の1か月当たり15万円の配当金(税引後の手取りベース)に向けて、ちょっとずつ近づいていきます。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

高配当株への投資を始めるタイミング-それは、今です!-
利息が利息を産む複利は、素晴らしいパワーを持っています。 あの天才物理学者アインシュタイン博士も、言いました。 「人類最大の発明は、複利である」と。 そして、投資において、この複利の力を最大限に活用するため...
「がん検診は、線虫のしごと」~線虫が世界を変える。N-NOSEがん検査は投資家にも恩恵!?~
線虫による画期的・革新的な、がん検査方法「N-NOSE」 ・線虫が、がん細胞の匂いに反応する性質を利用 ・尿1滴で検査OK(検査の苦痛がない) ・がん検知率が約90%という精度の高さ ・検査費用が安価(1万円...

コメント