【2019年版】8593三菱UFJリース(高配当株)~なんと20年連続増配!を継続中~

8593三菱UFJリースは、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。

 

本ブログに書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱UFJリースを検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

三菱UFJリースの予想配当利回りは約3.6%であり、基準1はクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

三菱UFJリースの配当金の推移

2016年3月期:12.3円(前年比29%増)

2017年3月期:13円(前年比5%増)

2018年3月期:18円(前年比38%増)

2019年3月期:23.5円(前年比30%増)

2020年3月期予想:25円(前年比6%増)

 

三菱UFJリースは、毎年増配を継続していることから、基準2もクリアです。配当金の前年比増額の比率も、立派な数字になっています。

 

三菱UFJリースは、20年連続増配!という素晴らしい実績で、2020年3月期も増配予定です。

20年連続増配ということは、累進配当を20年以上続けているという意味にもなりますので、株主を重視する優良企業であると言えます。

※累進配当とは、減配せずに、少なくとも前年と同額の配当または増配を行う、素晴らしい配当方針のことです。

 

あのリーマンショックの時も、増配を継続してきました。経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高いです。三菱UFJリースの増配傾向は続くと考えられます。

 

なお、三菱UFJリースの株価は、680円程度、単元株は100株であるため、7万円弱(680円×100株)という比較的少額で単元株を購入することが可能です。

 

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

三菱UFJリースは、売上高8千億円以上、時価総額6千億円以上の大企業であり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

また、三菱グループ各社(三菱UFJフィナンシャルグループ、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱商事など)が、三菱UFJリースの大株主になっていますので、資本関係は非常に安定しています。

基準4.業績が好調または堅調であること

三菱UFJリースは、その名の通り、リース事業の業界首位級で、国内・海外に幅広く展開中です。

 

リースの対象は、事務機器・IT機器・工作機械・自動車・住宅設備・不動産・医療機器・太陽光・風力発電・航空機・船舶・コンテナ・鉄道車両・インフラなど、多岐にわたり、顧客に必要なファイナンスを提供しています。

 

海外進出にも積極的で、北米・欧州・アジアの合計26拠点にて、事業を行っています。

再生医療や、ZMPとの自動運転事業での提携など、新規事業分野への進出も拡大中です。

 

業績の数字には、年により多少のアップダウンはありますが、おおむね業績は堅調に推移しており、配当を維持できなくなるほど、大きく悪化することはないと考えています。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、三菱UFJリースは買いと判断しています。

特に、20年連続増配に表れている経営陣の株主還元への意識の高さが、魅力的です。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
SBIネオモバイル証券~まずは1株から投資・日本初!Tポイントでも投資可能~
配当生活を目指すにあたっては、複利の力を最大限に活用するために、できるだけ早めに、若いうちに、投資を始めることが望ましいです。始めるのが早ければ早いほど、将来お得になります。 けれども、投資を始める際に、しばし...

コメント