一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

昨年末の発売以来、投資家の間で超話題の本、

「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」著者:cis(しす)

を読みました。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cisさんは、凄腕のカリスマ専業トレーダーで、これまでに投資で、なんと230億円!を稼いだ人です。

 

そんなスゴイ人が書いた、投資についての考え方や、自身の過去のエピソードなどが満載の本で、非常に興味深い内容になっています。

控え目に言っても、めちゃくちゃ面白いです。読み始めたら止められなくなって、一気に最後まで読んでしまいました。

cisさんは専業トレーダーで短期投資がメインなのですが、高配当株かつ長期投資がメインの私でも、参考になる話がいろいろありました。

 

私は、できるだけ早く、配当生活を達成するために、

値上がり期待株:高配当株=6:4の比率で投資する戦略を取っています。

毎日の My運用方法
毎日、配当生活を目指して、投資活動に励んでいます。 私が日々、具体的にどのような投資運用をしているかについて、書いてみたいと思います。 この運用方法が絶対的に正しいとは全然思っていませんが、今自分で思いつく限りで...

 

特に、この値上がり期待株でキャピタルゲインを狙うときの取引に関して、cisさんの考え方を参考にしたい点、印象に残る点がいくつもありました。

 

以下、この本からの引用です。

・僕の場合、利益になる取引は3割くらいしかない。残りのほとんどがトントンかちょい負け。けれども、時々10倍や20倍の金額を勝つことがあるから、勝率は低くともトータルではプラスになる。

 

・結論から言えば、ナンピンは最悪の買い方だと思っている。場合によっては一撃で死亡してしまうから。

 

株でいちばん大切なのは迅速な損切り。失敗から逃げてはダメで、失敗は当然としていかに最小にとどめるか。

 

・重要なのは、損をしないことではなく、大きな損をしないこと。大ケガだけはしないようにする、という方針で僕は今の資産を築いた。

――――――引用終わり――――――

 

この本を読んで、改めて損切りの重要性を認識しました。

株式トレードでは、cisさんほどの人でも、勝率は3割程度しかない。それでも、複数回の取引を合計すれば、利益額が損失額を上回る。

そのためには、損切りが何よりも重要という点は、非常に共感できました。

投資の鉄則!「損切り」の重要性
株価が買い値よりも一定以下に下がった場合に損を出して売却する「損切り」は、非常に重要です。 損切りは、投資においては、イロハのイ、何をおいてもまず習得すべきことだと思います。 といっても、損切りは心理的に...

上記の他にも、この本では、

“上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる” “リスクヘッジは無駄“ ”勝つためには、行動を起こす早さも問われる“

などなど、投資に役立つ話が多いです。

 

また、cisさんの自伝的な部分では、ゲームへの熱中、中学生の時からのお金儲け、1億円持ってると明かして掲示板で彼女を募集した話、1日で6億円の敗北、ポーカーやブラックジャックで勝つ方法など、

読み物としても投資本としても、すごく面白いです。

 

株式市場、資本主義経済、バンザイ!

そう思える本です。良かったら、皆さんも読んでみてください。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維...
高配当株の4つの魅力とは? ~人生を変える力になる~
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。高配当株は、人生を変える力を持っていると言っても、過言ではありません。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 魅力1.不労所得を半永久的にゲット...
投資本
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント