配当資産の状況 2020年10月末

配当生活の象徴

10月は、東証のシステム障害で波乱の始まりとなり、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染もあり、株式市場も大きく影響を受けました。

 

2020年10月末時点で、私の配当資産の状況は以下のようになりました。

 

配当資産の状況 2020年10月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:2,400万円(52.2%)

高配当株   :2,200万円(47.8%)

————————————————————

合 計    :4,600万円(100%)

≪参考≫2020年10月末 日経平均株価:22,977円(前月末比マイナス208円)

 

※現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、年間132万円

=1か月当たり110,000円(前月末比プラス3千円)

 

※取得価格ベースでの計算で、税引後の配当利回りは4.0%(税引前の通常の配当利回りでは5.0%)。なお高配当株だけではなく、保有の値上がり期待株の一部からも配当金を受領しています。

 

⇒私が高配当株へ投資する大きな理由は、保有中の高配当株が増配をすると、取得価格ベースでの「配当利回りがどんどんアップしていくから」です。

 

この素晴らしい特長があるため、高配当株の増配傾向が続いていくと、保有している高配当株が、将来には配当利回りが10%以上になることも、全く不思議ではありません。むしろ十分にあり得ます。

 

そして、配当利回りが上がるということは、投資した元本金額が少なかったとしても、より大きな配当金額を受領できるということを意味します。

 

例えば、年間の配当金120万円(=月10万円)を受け取りたい場合、

 

配当利回りが3%なら、4千万円の投資元本が必要(4千万円×3%=120万円)

しかし、配当利回りが10%なら、1千2百万円(12百万円×10%=120万円)でOKです。

 

これは、本当に本当に、大きなメリットです。

投資資金が少なくても大丈夫!~配当金の増配で配当利回り10%超えも夢じゃない~
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

 

自分は何もしていないのに、優良な高配当株を保有しているだけで、増配によって配当金と配当利回りがジワジワと上がって行く。そして、少しずつ増える配当金で、少しずつ生活が豊かになって行く。

 

こういう体験をすると、高配当株が大好きになりますし、投資へのモチベーションも上がります。配当金を積み上げていけば、配当生活も実現できます。

配当金に対する4つの気持ち~なぜ配当金に対して、このような感情になるのか?~
高配当株からの配当金を受け取ったとき、なんとも言えない気持ち、他では味わえないような喜びに満たされます。 いったい、この配当金への気持ち・感情は何なのか、どこから来るのか、真面目に考えてみました(笑) 配...

 

この増配による効果を長期間にわたって受けるために、高配当株を長期保有していく方針で、投資を行っています。

今月の振り返りと今後の方針

10月は、最終週に入って、株式市場は下落を続けています。

 

これは、11月3日のアメリカ大統領選挙に備えて、リスク回避の売りが出ているものと考えられます。選挙終了後には、また市場にお金が戻り、株価が上昇することを期待しています。

 

そんな中、今月は、TOBされるドコモを売却しました。

そして、ドコモ売却益と保有の含み損銘柄の損失を相殺・損出しして、高配当銘柄をいくつか購入しました。

 

ドコモの代わりに購入する銘柄なので、さんざん悩みましたが、メインは王道のNTTにしました。その他に、三菱商事、三井住友FG、東京海上HDなどを買い増しました。

【2020年版】9432NTT日本電信電話(高配当株)~減配しない累進配当を20年以上継続・ドコモ完全子会社化で収益力増大!~
9432NTT日本電信電話は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、NTTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) NT...

 

結果的に、損出しで戻ってきた税金で、配当金を増やすことができ、バランスの取れたポートフォリオになったので、満足しています。

 

今年はまだ実現利益が残っているので、これからも、損出しは、積極的に活用していきます。

損益通算・損出しで、お得に節税しよう!~配当金も増えるかも!?~
最近、だんだんと寒くなってきました。早いもので、今年もあと3か月を切りましたね。 年末が近づいてくると、投資家としては、今年の投資損益がどうなっているか、損益通算をどうするか、という点が気になってきます。 ...

 

いよいよ、来週11月3日は、世界が注目するビッグイベント、アメリカ大統領選挙です。

 

バイデン氏が勝つのか、トランプ大統領が巻き返すのか、個人的にワクワク感が止まりません。

 

また、バイデン氏が勝てば、史上初の女性副大統領カマラ・ハリス氏が誕生することにも、注目しています。

 

投資家としては、どちらが勝っても、大統領選挙という不確定要素が終了すれば、中長期的に株式市場は再び上昇軌道に乗ると考えています。

 

万が一、接戦で選挙結果がすぐには確定しなかったとしても、数か月後には、結局決まっているでしょう。そして、決まれば、そこから株価は上がって行く。

 

誰が大統領になっても、支持率には、経済状況と株式市場の動向が大きく影響しますので、株価浮揚の政策が取られる方向性は変わらないと思います。

 

11月は、4年に1度のお祭りを楽しみつつ、投資成果もゲットしたいです。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

当ブログ「Road to 配当生活」の歩き方~管理人ショウによる道案内~
おかげさまで、このブログ「Road to 配当生活」も、今や200記事近くを数えるようになりました。 記事の数が増えてきたので、当ブログのカテゴリーや、おすすめ記事などについて、改めてご案内をさせて頂けたらと思います。...
株式市場の暴落時に、勇気をもって高配当株を買い向かう!
株式市場は、歴史的に、上がったり下がったりを繰り返していますが、長期的に見ると、株価は右肩上がりで上昇していきます。 つまり、株価が下落した時に買えば、その後、株価が上昇した時に、大きな利益をつかむことができます。 ...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
配当資産の状況
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント