将来の増配で株価は上昇する-勝率100%!?-

こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。

企業が増配を発表すると、その企業の株価は上昇します。

当たり前だと思うかもしれませんが、これを配当利回りの観点から見ると、以下のようなサイクルになります。

 

増配する → 配当利回りがアップ → 人気が高まり株価が上昇 → 配当利回りが増配前の水準に戻る

スポンサーリンク

例えば、現在の株価が1,000円で、配当金を年間30円出しているA社を想定します。A社の配当利回りは3%(30円÷1,000円)になります。

 

このA社が30円から40円へ配当金を増配することを発表した場合、通常のケースでは、以下のように株価と配当利回りが動きます。

 

A社の配当利回りは3%から4%へアップ(40円÷1,000円)

→通常は配当利回り3%のA社の株が4%で買えるなんてお得だ、と買い注文が入る

→買いが入った結果、株価が1,000円から1,300円に上昇

→その結果、配当利回りは以前の水準の3%(40円÷1,300円)に戻る

 

ここで注目は、最後の段階で、配当利回りは元の水準に戻っていますが、株価は1,300円にアップしたままだということです。

 

そして、翌年も増配が行われ、A社の配当金が40円から50円になったとすると、

 

A社の配当利回りは3%から3.8%へアップ(50円÷1,300円)

→通常は配当利回り3%のA社の株が3.8%で買えるなんてお得だ、と買い注文が入る

→買いが入った結果、株価が1,000円から1,666円に上昇

→その結果、配当利回りは以前の水準の3%(50円÷1,666円)に戻る

 

上記のケースでは、A社の株価は、2年前と比べると、1,000円から1,666円に上昇しています。

 

つまり、将来増配を継続して行う企業の株を買うことができれば、その企業の株価は長期的に上昇を続ける、ということです。

勝率は、ほぼ100%と言っても過言ではありません。しかも、株価の上昇というキャピタルゲインと、増配で増えた配当金というインカムゲインとの、両方のメリットを受けることができます。

スポンサーリンク

問題は、「将来増配を継続して行う」企業をどうやって選択するか、です。

 

この点、高配当株はいろいろありますが、一つの方法として、累進配当ブラザーズの企業を選べば、比較的リスクが低く、「将来増配を継続して行う」企業を選ぶことができます。

累進配当ブラザーズ!
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 ...

 

累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維持するか、または増配を実施するということですので、上記の条件を満たすことができます。

 

将来の増配を継続する企業に投資して、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を手に入れましょう!

8058三菱商事(高配当株)~累進配当を対外的に宣言~
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 8058三菱商事は、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三菱商事を検討します。 ...
毎日の My運用方法
こんにちは。今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウです。 毎日、配当生活を目指して、投資活動に励んでいます。 私が日々、具体的にどのような投資運用をしているかについて、書いてみたいと思います。 この運用方法が絶...

コメント