配当資産の状況 2019年3月末

2019年3月末時点で、私の配当資産の状況は、以下のようになりました。

配当資産の状況 2019年3月末時点

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:1,500万円(35.7%)

高配当株   :2,700万円(64.3%)

———————————————————————————————————————

合 計    :4,200万円(100%)

 

≪参考≫

2019年3月末 日経平均株価:21,206円(前月末比マイナス179円)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間122万円

=1か月当たり101,000円(前月末比マイナス1,000円)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

 

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部からも、配当を受け取っています。

 

私の理想は、税引後の配当利回り4.0%以上なのですが、保有する高配当株の企業が今後増配を行っていくことで、これは将来的に自然に達成できる、時間が解決すると考えています。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ...

今月の振り返りと今後の方針

上記の通り、配当資産からの予想配当金に関して、3月末時点では、1か月当たり101,000円と、2月末に比べてマイナス1,000円となりました。

 

この主な原因は、あおぞら銀行の減配発表です。3月は積水ハウスの増配発表もありましたが、カバーしきれませんでした。

 

あおぞら銀行については、減配発表後でも、5%超の高配当ではありますが、配当の不安定さを避けるため、マイルールに従い、今後タイミングを見て売却していく方針です。

売りのルール~身に付けておきたい投資の基本~
株式投資は、買いのタイミングよりも、売り時の判断の方が難しいとよく言われています。 これは本当にそうだと感じます。売り時を間違えると、含み益がズルズルと減ったり、損切りできずに、大きな含み損を抱えるといったことにもなり...

 

3月は、JT・ブリヂストン・キヤノンなど、12月本決算の会社から、続々と配当金が振り込まれました。

配当金は、何度もらっても、嬉しいものですね。テンションが上がります!

ああ、素晴らしき配当生活!
配当生活のために必要となる元本は、私の当面の目標で5千万円(1か月10万円の配当金を得る場合)と、普通のサラリーマンである私にとっては、非常に大きな金額です。 この元本を貯めるためには、株式投資で増やすこともですが、日...

 

私は、残念ながら、まだサラリーマンですので、給料の範囲で生活しながら、この受取り配当金については、全額を投資に使っていきたいと考えています。

 

次の目標の、1か月当たり15万円の配当金(税引後の手取りベース)に向けて、毎日少しずつ投資します。焦らずに、続けていきたいです。

新年度がスタートする、4月の株式市場が楽しみです。

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
【2019年版】5108ブリヂストン(高配当株)~タイヤの王者・株主還元に積極的~
ブリヂストンの2018年12月期本決算の発表がありましたので、2019年版の内容に更新しました。 5108ブリヂストンは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 ちなみに、ブリヂストンという社名は、創業者の石...

コメント