集中投資

世の中でよく言われる投資理論の一つに分散投資があります。

 

1社に集中して投資をすると、リスクが高まるので、分散して複数の会社に投資しましょうというものです。

いわゆる「タマゴを一つのかごに盛るな」という格言ですね。

しかし、この分散投資を自分でやってみると分かるのですが、自分が投資に使える金額が少ないうちは、分散投資は非効率で機能しません。

 

例えば、手持ち資金が100万円だった場合、20社に投資すると1社当りの投資額は5万円にしかなりません。5万円が10%上がったとしても、利益は5千円だけで、全く非効率です。

私は、配当生活用の元本を投資で増やすためには、ある程度の集中投資が必要と考えています。

特に私は、5年以内という短期間での配当生活達成を目標としています。

 

ですので、リスクが高まるとしても、手持ち金額が少ない間は、ある程度の集中投資を行い、チャンスをつかまなければならないと思っています。運も必要かもしれません。

 

【集中投資の方針】

・手持ち金額が5千万円に到達するまでは、集中投資。

・投資銘柄数(会社数)は、原則として、2~3銘柄とする。多くても5銘柄まで。

集中投資を過度に恐れず、チャンスと判断すれば、積極的に投資資金を集中させていこうと思います。

高配当株の4つの魅力とは?
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 1.不労所得を半永久的にゲット! 配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっ...
ユーザベース(値上がり期待株)
3966ユーザベース(東証マザーズ)は、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、ユーザベースを検討します。 基準A.業績が好調で成...

コメント