【2022年版】8591オリックス(高配当株)~累進配当政策を新たに宣言・株主還元意識の高さが魅力的~

配当金の象徴

 

オリックスの2022年3月期本決算の発表がありましたので、2022年版の内容に更新しました。

 

8591オリックスは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログで書きました、高配当株買いの4つの基準に照らして、オリックスを検討します。

高配当株、4つの買いの基準
高配当株と一口に言っても色々ありますが、私は以下の基準に該当する高配当株を購入しています。 高配当株、買いの基準 1.配当利回りが3%以上(税引前) 2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持...

 

基準1.配当利回りが3%以上(税引前)

オリックスの予想配当利回りは約3.8%の高さ。基準1はクリアです。

 

基準2.直近5年以上、増配傾向が続いていること(最低でも前年の配当金額を維持していること)

オリックスの配当金の推移

2015年3月期:36円

2016年3月期:45.75円(前年比27%増)

2017年3月期:52.25円(前年比14%増)

2018年3月期:66円(前年比26%増)

2019年3月期:76円(前年比15%増)

2020年3月期:76円(前年と同額)

2021年3月期:78円(前年比3%増)

2022年3月期:85.6円(前年比10%増)

2023年3月期予想:85.6円または配当性向33%のいずれか高い方(注)

 

注)いずれか高い方ですので、最低85.6円以上になります。

23/3期の業績予想は非開示ですが、前期22/3期の当期純利益3,121億円をベースに試算すると、配当性向33%は配当金85.6円相当です。

つまり、前期22/3期以上の当期純利益を23/3期に稼ぐことができれば、23/3期の配当は85.6円を上回ることになります。

 

※2020年11月に、上限442億円の自社株買いを発表

※2021年5月に、上限500億円の自社株買いを発表

※2022年5月に、上限500億円の自社株買いを発表

 

オリックスは、増配傾向を続けていますので、基準2もクリアです。

 

さらにオリックスは、株主還元の一環として、ふるさと優待という名称の株主優待(カタログギフト)を導入していて、大人気です。

100株以上の株主に対し、推定5千円相当の商品のカタログギフトが送られてきます。なかなか品揃えが良いため、どれをもらうか楽しみながら選ぶことができます。

 

ただし、この株主優待は、2024年3月末の株主への送付を最後にして、廃止されることが決定しましたので、ご留意ください。

 

株主優待は、企業にコストがかかるもの(その分、企業の業績・利益が減る)ですので、優待を廃止して今後は配当などの株主還元に集約するのは、個人的には残念ではありますが、株主にとって悪いことではないと考えます。

また、優待を即廃止するのではなく、2年間の猶予期間がある点は、オリックスの株主への誠意・配慮を感じます。

 

2022年5月11日の決算説明会において、オリックスは、中期的方向性として、業績目標と株主還元方針を以下の通り発表しました。

オリックス決算説明会資料

※出所:オリックス決算説明資料(2022年5月11日)

 

⇒配当方針は、「配当性向33%または前期配当金額の高い方。22/3期通期の配当は85.6円」と明記しています。

 

これが意味するのは、最低でも前期配当と同じ額の配当を出す、もし今期利益が前期利益を上回ったら前期配当以上の配当を出す、ということです(この章の末尾※ご参照)

 

つまり、実質的に、減配をしない「累進配当政策」をオリックスは対外的に宣言しました!
ついに、オリックスが累進配当政策を対外的に公約してくれたのです。

(累進配当政策とは、減配をしないで、少なくとも前年の配当を維持するか、または増配を実施するという、素晴らしい配当方針)

【2022年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を継続する素敵な企業たち~
2022年3月期本決算会社の決算発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2022年版に更新しました。 2022年版では、累進配当ブラザーズに新たに2社が仲間入りしました。 夢の配当生活の実現を...

 

これは、株主にとって、非常にメリットがあり、とても嬉しいことです。

何しろ、たとえ業績が悪くても、最低でも前期同額の配当金は受け取れる上に、業績が良い場合は、前期配当以上に上乗せした配当金を受け取れるのですから。

 

また、上記の株主還元方針においては、自社株買いも機動的に実施する方針とされ、実際に500億円の自社株買いの枠が2022年5月11日に設定されています。

 

オリックス経営陣の株主還元・配当への意識は非常に高いと考えられ、オリックスの増配傾向は続くと推定されます。

 

オリックスの前期22/3期1株当たり配当金85.6円は、配当性向33%で算出したと発表されています。配当性向とは、全体利益のうち何%を配当金に回すのかを表します。

 

当期純利益 × 配当性向 ÷ 株式数 = 1株当たり配当金

 

この式をオリックスの前期22/3期実績にあてはめると、

当期純利益3,121億円×配当性向33%÷株式数約12億株(自己株式を除く) =85.6円

(上記の当期純利益などの数字は、決算短信の1ページ目と2ページ目に記載されています)

 

よって、オリックスの今後の配当方針である「配当性向33%または前期配当金額の高い方。22/3期通期の配当は85.6円」が意味するのは、

 

「最低でも前期配当と同じ額の配当を出す、もし今期利益が前期利益を上回ったら前期配当以上の配当を出す」という意味となります。

(配当性向33%の数字が22/3期の配当算出と同じ数字ですから、配当は当期純利益の数字の増減に左右されることとなる)

基準3.倒産リスクがほぼ無いと考えられること

オリックスは、売上高2兆5千億円、時価総額2兆8千億円、日経平均225銘柄の一つであり、倒産リスクは限りなく低いと想定されます。

 

基準4.業績が好調または堅調であること

オリックスは、リース事業から始まり、投資、融資、生命保険、銀行、資産運用、不動産、自動車関連、航空機関連、環境エネルギー関連、海外など、さまざまな事業を行っています。

 

世界30か国以上で、グローバルに事業を拡大中です。

 

海外のM&Aにも積極的で、注力中の環境エネルギー事業分野において、再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱発電など)会社の大型買収も実行しています。

 

事業別の利益では、海外事業で稼ぐ利益が、オリックス全体の30%以上を占めるまでに成長しています。

 

上記のように多数の事業を行っているため、オリックスは何の会社か分からないと、よく言われますが、逆に、この点がオリックスの強みでもあります。

 

事業を多角化しているので、ある事業が不振でも、他の事業が好調でそれをカバーし、オリックスグループ連結全体で見ると、業績はおおむね順調という結果となっています。

 

このオリックスの強みは、設立初年度を除き、なんと57年間、毎期黒字を計上しているという収益体質の強さにも表れています。

 

57年間毎期黒字ということは、日本のバブル経済崩壊、リーマンショック、コロナショックなどの厳しい事業環境の時においても、赤字になっていないということになります。持続的に成長する力を感じます。

 

2022年5月11日の決算説明会で、オリックスは、中期目標として、3年後の25/3期に当期純利益4,400億円を掲げました(22/3期実績は3,121億円)。

この中期目標4,400億円について、オリックスの井上CEOは、保守的な目標である(≒上回る可能性が高い)との頼もしい発言をしています。

 

ちなみに、オリックスの中期目標通り、25/3期に当期純利益4,400億円が達成された場合、配当性向33%で試算すると、25/3期の配当は1株当たり120円になります。

22/3期の配当が85.6円ですから、配当が3年で約1.4倍になる見込みです。もし、当期純利益が4,400億円以上になれば、配当も120円を超える金額になります。

もちろん、まだ業績がどうなるかは不確定ですが、今後が非常に楽しみですね。

がんばれ、オリックス!

 

オリックスの業績の数字には、年により多少のアップダウンがありますが、おおむね業績は堅調であり、配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。

結 論

以上を総合的に考慮し、高配当株として、オリックスは買いと判断しています。

 

特に、収益力の強さと、累進配当政策の対外公約など経営陣の株主還元意識の高さ・継続的な積極還元姿勢が魅力的です。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

 

★★★おすすめ記事★★★

●減配しない「累進配当」を長年継続している素敵な企業たち

【2022年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を継続する素敵な企業たち~
2022年3月期本決算会社の決算発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2022年版に更新しました。 2022年版では、累進配当ブラザーズに新たに2社が仲間入りしました。 夢の配当生活の実現を...

●1株から投資できて、いつものLINEから使える便利な投資サービス

LINE証券~いつものLINEで株式1株から買える!~
株式投資をするには、何はともあれ、証券会社に自分の証券口座を開設する手続きが必要です。 この株式投資に使う証券会社をどこにすればよいか、悩む方は多いと思います。 今回は、証券会社を選ぶにあたって、...

●配当金があれば、生涯年収もグングン増える!

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップさせることが可能です。 ...

●日経マネーなど投資雑誌にかかるお金を賢く節約する方法

投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。 今回は...
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
記事が参考になりましたら、↓↓↓応援クリック↓↓↓して頂けたら嬉しいです!
高配当株
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント