積み立ての効果

前回書きました、投資元本を貯めるための2番目の方法「給料からの毎月積立て」です。

配当生活を達成するための方法
このブログで、私の当面の目標は、1か月10万円の配当金を得ることであり、そのために必要な元本額は5千万円(配当利回り3%と想定した場合)になると書きました。 とりあえず5千万円と言っても、非常に大きな金額ですが、この5千万円を...

これは非常に重要になります。

なにせ株式に投資しようとしても、元本となるお金がないと始まりません。

その方法ですが、まず、給料が振り込まれる銀行口座とは別に、投資専用の口座を作ります。

自分の生活費を考慮して、投資用に毎月積み立てる金額を決めます。例えば、5万円と決めたとします。

給料が振り込まれたら、すぐに(ここ重要です!)5万円を投資専用口座に移します。そして、残ったお金で毎月生活していきます。

自分で手動で移してもいいのですが、なんらかの仕組み(銀行の自動引き落とし積立貯金の制度など)で自動積立てができるようにしておくと、ベストです。

ここでポイントとなるのは、“先に積立て分を確保する” という点です。

間違っても、給料を先に生活費にあて、残った分を貯金するという方法を取ってはいけません。
人間はそんなに強くないので、この方法だとお金は残らないケースが多いです。私もそうでした。

しかし、先に積立て分を確保してしまうと、これが不思議なのですが、まるで積立てた分のお金は最初から無かったもののように感じて、残りのお金でなんとか生活できてしまいます。

まだの方は、ぜひお試しください!

投資元本用の毎月の積立ては、配当生活達成のための第一歩になります。
いっしょに頑張りましょう。

JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...

コメント