「バビロン大富豪の教え(漫画版)」~才能不要で誰にでもできる、お金持ちになるための基本~

バビロン大富豪の教え

「バビロン大富豪の教え(漫画版)」

著者:ジョージ・S・クレイソン

漫画:坂野旭

企画・脚本:大橋弘祐

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

を読みました。

 

この本は、もともと1926年にアメリカで出版されたもので、それを日本の読者向けに翻訳・漫画化したものです。

 

つまり、約100年前に書かれた本なのですが、今でも世界中で読まれているベストセラーです。

 

なぜなんだろう? なぜ100年も読み継がれているんだろう?

それが、最初にこの本に私が興味を持ったきっかけでした。

 

その理由は、読んでみて分かりましたが、いつの時代でも通用する、お金に関する「普遍的な知恵」について、この本で身に付けることができるからです。

 

決して、表面的なお金儲けのテクニックについての本ではありません。

 

けれども、お金に振り回される人生から解放されるための、時代を超えて通用する真理が書かれています。結局は、テクニックよりも、こちらの考え方の方がお金持ちになる近道だと思います。

―――――本書のあらすじ―――――――

紀元前の古代バビロニア。

貧乏な武器職人の息子バンシルは、どのようにすればお金持ちになれるのか、バビロンで一番の大富豪アルカドに聞きに行くことにした。

 

アルカドは、惜しげもなく、黄金に愛される七つ道具の知識について教えた。

 

“黄金に愛される七つ道具”

1.収入の10分の1を貯金せよ

2.欲望に優先順位をつけよ

3.貯えた金に働かせよ

4.危険や天敵から金を堅守せよ

5.より良きところに住め

6.今日から未来の生活に備えよ

7.自分こそを最大の資本にせよ

 

アルカドは、誰にでも等しく、これらの知識を授けたが、それに基づき、実際に行動した者だけが恩恵を受けることができる。

 

その後、バンシルは旅に出て、バビロンも戦乱の渦に巻き込まれ・・・

果たして、バンシルの運命は? お金持ちになることはできるのか!?

―――――あらすじ 終わり――――――

漫画なので、さくさく読めますが、心に響く箇所があちこちにあります。

 

特に、上記の七つ道具。これは、現代にも十分通じる考え方・方法です。これをできれば、お金持ちになれること、人生においてお金の問題で悩まなくなることは、ほぼほぼ間違いないと思います。

 

そして結局、最終的にお金持ちになれる者と、そうでない者とを分けるボーダーラインは、何なのか。

 

それは、行動したかしないかの差です!

それだけなんです。特別な才能は必要ありません。

 

せっかく七つ道具の知識を得たのに、そんなの無理だよとか、今はできないから来年からやろうとか、ああだこうだ文句や言い訳を付けて、行動しなかった者だったのか。

 

それとも、知識を得た時からすぐに最速で動き出した者だったのか、その行動力の差が、両者の将来にとてつもない貧富の差を生み出します。

 

実に面白くて、実用的な本でした。世界中で今でも読み継がれているのも納得です。

皆さんも良かったら、ぜひ読んでみてください!

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

テンバガー(株価10倍株)まで株式を持ち続けるためのシンプルな方法
テンバガー(株価が10倍に値上がりする株)、実に魅惑的な響きです。 めったにお目にかかれないレアな株のような気がしますが、テンバガーは、我々の身近な生活の中でも発見することができます。 ファースト...
配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
投資本
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント