投資戦略5:インデックス投資信託による国際分散投資

配当生活用元本を増やすための投資戦略の5つ目です。

元本増加のための投資戦略5つ
配当生活に使用する元本金額は、私の当面の目標では5千万円(=1か月10万円の配当金を得ることが可能)になります。 この5千万円を貯めるために、毎月積み立てをしていますが、もちろん積立てだけで貯めるのは困難です。ですので、「積み...

 

投資戦略5【インデックス投資信託による国際分散投資】 リスク小

・インデックス投資信託(ファンド、投信ともいう)に毎月5万円を積立て投資する。

 

・投資対象の投信は3本。

トピックス(TOPIX 東証株価指数)に連動する投信、

MSCIコクサイ指数(日本を除く世界の先進国株式市場全体の値動きを表す)に連動する投信、

シティグループ世界国債指数(日本を除く世界の先進国国債全体の値動きを表す)に連動する投信、

の3本。

 

・長期の時間(20年~30年)が必要。

 

上記の投信3本を購入することで、世界中の先進国の株式と債券に投資することができます。

資本主義経済は、長い目で見ると拡大を続けますので、世界全体に投資しておけば、長期的にはリターンを確保できるという戦略です。

 

歴史的なデータから計算すると、世界中の株式・債券に投資した場合(日本株2、世界株1、世界債券2の割合で投資)、平均して年6%のリターンが見込めると言われています。

 

これは、短期で見れば、マイナスの年もあり、10%プラスの年もあり、といったようなことが起きますが、長期でならして平均を取ると年6%の利益が期待できるということです。

 

ここで大きいのは複利の力です。

 

あの天才アインシュタインですら、「人類史上最大の発明は複利である」と言っていたそうです!

複利というのは、元本に利息を組み入れて計算することですが、例えば、元本100万円で年6%の複利の場合(以下の計算上は千円以下は切り捨て)、

 

1年目: 100万円×1.06=106万円

2年目: 106万円×1.06=112万円

3年目: 112万円×1.06=119万円

 

というように、利息が利息を呼び、膨張していきます。

 

5万円を毎月積立て投資し、年6%で運用できた場合、19年目に2千万円、30年目には5千万円に到達します。

 

この投資戦略は相対的にリスクも低く、投資成果を得るまでの時間的余裕がある人(20代~30代)にはお勧めです。

高配当株の4つの魅力とは?
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 1.不労所得を半永久的にゲット! 配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっ...
三井住友フィナンシャルグループ(高配当株)
8316三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行の持株会社で、高配当株の一つであり、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、三井住友フィナンシャルグループを検討します。 ...

コメント