2019年NISA枠で買う “高配当株のパッケージ”

新年が明けて、2019年のNISA(少額投資非課税制度)枠が使えるようになりました。

(実際は2018年12月26日から2019年枠は使えますが)

 

そこで、株式売買益についても配当金についても非課税のNISA枠を使用して買える、高配当株のパッケージ(高配当株の福袋!?)を検討してみました。

 

NISA枠120万円で、本日現在の株価で考えます。

株式売買手数料はゼロとして計算します。なお、キャンペーンでNISA手数料は無料になっている証券会社も結構多いです。

 

高配当株もいろいろありますが、NISA枠が限定されていますので、やはりここは、減配の可能性が低い「累進配当ブラザーズ」を中心に選ぶのが良いと思います。

累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維持するか...

 

≪累進配当ブラザーズの株価と最低購入金額≫

1.レギュラー

三井住友フィナンシャルグループ:3,819円×100株=381,900円

三菱商事:3,088円×100株=308,800円

 

2.スーパーサブ

キヤノン:3,026円×100株=302,600円

ドコモ:2,570.5円×100株=257,050円

JT:2,654円×100株=265,400円

 

⇒累進配当ブラザーズ全ての株式を100株ずつ買うと約152万円なので、NISA枠120万円を超えてしまいます。そのため、泣く泣くキヤノンを削ります。

 

すると、下記内訳のように合計約121万4千円となり、NISA枠とほぼ同じ金額になります。

 

三井住友FG100株:381,900円、配当利回り4.4%、受取り配当金17,000円/年

三菱商事100株:308,800円、配当利回り4.0%、受取り配当金12,500円/年

ドコモ100株:257,050円、配当利回り4.2%、受取り配当金11,000円/年

JT100株:265,400円、配当利回り5.6%、受取り配当金15,000円/年

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

合計:約121万4千円

 

本日の株価より少し安い金額で指値を入れるか、または上記のうち1社を、高配当株で株価が低めの三菱ケミカルホールディングス(株価859円×300株=257,700円、配当利回り4.6%)に入れ替えることで、NISA枠120万円以内に収めることができます。

 

上記の例だと、

NISA枠での年間受取り配当金合計:約5万4千円

NISA枠での全体の配当利回り:約4.5%

 

本来なら、配当金合計約5万円×約20%=約10,000円の税金が取られますが、NISAでは、非課税となるため、この約10,000円が非課税メリットになります。

 

NISAの対象期間の5年間で計算すると、約10,000円×5年=5万円の非課税メリットとなります。

5万円あれば、豪華な食事や、ちょっとした旅行にも行けそうですね。

 

あくまで非課税メリットの部分が5年間で5万円ですので、実際の配当金合計は5年間で25万円となります(上記例の年間配当金約5万円×5年)

 

しかも、5年の間に増配があれば、さらに非課税メリットは上がります。

また、増配されると株価はアップしますから、その後の株式売却で得られるキャピタルゲインについても非課税になります。良いことがいっぱいです。

 

もちろん、株価が下がるリスクはありますが、累進配当ブラザーズであれば、他の株式と比べて相対的に、増配の可能性が高いので、リスクが抑えられると考えています。

 

2019年のNISA枠を上手に活用して、受取り配当金のアップを目指しましょう!

将来の増配で株価は上昇する-勝率100%!?-
企業が増配を発表すると、その企業の株価は上昇します。 当たり前だと思うかもしれませんが、これを配当利回りの観点から見ると、以下のようなサイクルになります。 増配する → 配当利回りがアップ → 人気が高まり株価が上昇 →...
時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ※1億2...

コメント