配当生活も初めの一歩から

配当生活のための投資元本について、当面の私の目標額は5千万円です。

配当生活とは?
配当生活とは、株式・J-REIT・投資信託などを買って、保有しているともらえる配当金や、債券(米国債、日本国債など)を保有するともらえる利息金によって、生活することです。 それでは、どれくらいの配当金があれば、生活していけるの...

 

5千万円で配当利回り3%とすると、税引後で、1か月10万円の配当金が受け取れます。

5千万円×3%×80%(源泉税が約20%あるので)=120万円/年=10万円/月

 

これは遠い目標のようですが、ブレイクダウンして細かく考えると、けっこう楽しくなってきます。

 

例えば、1か月1,000円のお小遣いを配当金として手に入れたいとしますと、必要な投資元本は50万円です。

計算上、年間の配当利回りは3%とします。なお現在の日本株市場には、配当利回り3%を超える会社は多数あります。配当金にかかる税金は現在約20%です。

 

投資元本50万円×3%×80%=12,000円/年=1,000円/月

つまり、投資元本が50万円あれば、1か月1,000円のお小遣いをゲットすることができます。

しかも、それは今後ほぼ半永久的に入ってきます。何もしなくても、寝ていても入ってきます。

 

同様に計算すると、配当利回り3%、配当にかかる税金20%の場合、

投資元本100万円で、1か月2千円
200万円で、1か月4千円
500万円で、1か月1万円
1千万円で、1か月2万円
1千5百万円で、1か月3万円
2千万円で、1か月4万円
3千万円で、1か月6万円
4千万円で、1か月8万円
5千万円で、1か月10万円

 

投資元本の額に応じて、上記のような配当金が受け取れます。

 

今の時代、サラリーマンが1か月1万円の昇給を得ることは容易ではありません。

何年も給料が上がらない企業もたくさんあります。給料が上がらないどころか、下がる企業も珍しくありません。

 

しかし、配当金では、上記の計算のように、500万円の投資元本をつくることができれば、1か月1万円をゲットできます。

 

しかも、ほぼ永遠にかつ働かなくても入ってきます

 

1千万円あれば1か月2万円で、1年では24万円です。

年間では、一般的なサラリーマンの手取り給料1か月分を増やすことができます。

これは生活費の面では非常に大きいと思います。

 

配当生活への道は少しずつ進んでいけばいいと考えています。

最初は1か月千円の配当金でもいいんです。

 

徐々に配当金が増えていくと、嬉しくて、投資元本をつくるための積立てや株式投資が、苦にならないどころか、どんどん楽しくなってきます。

一緒に頑張りましょう!

JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...
高配当株の4つの魅力とは?
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 1.不労所得を半永久的にゲット! 配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっ...

コメント