テンバガー(10倍株)は、あなたの身近にいる!

配当生活を達成するためには、高配当株への継続的な投資とともに、その高配当株投資に使う投資元本を増やすことが必要です。

 

そのために、テンバガー(株価が10倍に値上がりする株)を見つけたいと考え、日々テンバガーの候補を探しています。

 

思えば、私も投資を始めて10年以上たちますが、この間、さまざまなテンバガー株を見逃してきました。

私が見逃したテンバガー株は、主なものだけでも、

 

ファーストリテイリング(ユニクロ)

ニトリ

ヤフー

ソフトバンク

セブンイレブン(セブン&アイ・ホールディングス)

JINS(メガネ製造販売)

ディップ(バイトル)

ガンホーオンラインエンターテイメント(パズル&ドラゴンズ)

セリア(100円ショップ)

クリエイトレストランツHD(雛鮨、かごの屋、磯丸水産など)

RIZAP(ライザップ、トレーニングジム)

ペッパーフードサービス(いきなりステーキ)

 

こんなにあります。

ペッパーフードサービスだけは、だいぶ上がってから遅れて買うことができましたが。

 

これらのテンバガー企業は、その商品やお店を日常の生活の中で利用していたり、ニュースでも何度もその好調を聞いていたりで、ほんの少し注意していれば気付けたはずなのに、見逃してしまいました。

 

特に、ユニクロ、ニトリ、ヤフーは悔しいです。

昔からユニクロでは定期的に服を買っていましたし、ニトリは北海道発祥で拡大していた時から、早く自宅の近くにもニトリができたらいいなあと思ってました。

ヤフーは、サイトを利用していたのはもちろんのこと、私が社会人になって本格的にパソコンを使い始めた頃にブームになっていて、”Yahoo Japan”というタイトルの月刊雑誌が発行されていたのを、毎月購入して読んでいたほどでした。

 

なのに、その会社の株式に投資しようとは思わなかった、当時の自分を往復ビンタしたいです。お前の目はどこに付いているのか、と。めちゃくちゃ反省しています。

 

でも、それはもう過去のことで、済んだ話です。きちんと反省して、前を向いてこれからの行動につなげていきたいです。

 

自分が見逃したテンバガー株について、改めて振り返ってみて、こんなにも身近に、自分の日常生活の中に、テンバガー株はあるんだなと思いました。

つまり、テンバガー企業の商品やサービスは、日ごろの通勤や仕事、買い物の時などに、常にアンテナを張っていれば、見つけることができるはずです。

 

「おっ、この商品はとても便利だ。流行るんじゃないかな。」とか、「ここのレストランは雰囲気が良いし、メニューも見やすくて美味しい。いつも行列ができている」とか、そういうことを感じた時は、その商品やサービスを提供している会社をスマホで検索してみることが重要です。

 

そして、その会社が上場していたり、またはその会社の親会社が上場していることを発見できれば、もうワクワク状態になります。あとは、その会社の業績などを詳しく調べて、有望だと判断したら、その会社の株式を買います。もし時価総額がまだ小さければ、さらに最高です。

 

あの全米No.1ファンドマネージャーだった、ピーター・リンチも著書の中で、こう言っています。

テンバガーを見つけるには、まず自分の家の近くから始めることだ。

ピーター・リンチの株で勝つ
私が投資について学ぶ過程で、非常に感銘を受けた本が、ピーター・リンチが書いた「ピーター・リンチの株で勝つ」です。 この本は、ユーモアにあふれており、まず読み物として単純に面白い。笑えます! さらに、投資の方法・考え方の王...

 

テンバガー株は、たとえ初期段階を見逃して10倍の利益が取れなかったとしても、上がっていく途中で遅れて買っても、2倍、3倍、5倍の利益を取ることができます

私もがんばって、今度こそテンバガーを見つけて、高配当株への投資元本を大幅に増やします!

高配当株の4つの魅力とは?
高配当株への投資には、たくさんの魅力があります。 知れば知るほど、とても魅力的です。配当金が大好きになります。 1.不労所得を半永久的にゲット! 配当金は、高配当株を買って保有している限り、その後ずーーーーーーーーーーーっ...
時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ※1億2...

コメント