投資戦略の発想法

配当生活を目指す投資方法を考える上で、非常に感銘を受けた本の一つが、「投資戦略の発想法」(著者:木村剛氏)です。

 

木村剛氏は、東大経済学部卒業後、日本銀行に入行。

その後、金融情報を提供する会社を設立して独立し、金融庁の審議会のメンバー等を歴任しました。あの竹中平蔵金融担当大臣(当時)とも親しく、竹中大臣時代に木村氏が金融庁顧問を務めるなど、深い協力連携関係にありました。

 

投資雑誌の月刊フィナンシャル・ジャパンの編集長も務めていました。

この雑誌は当時はコンビニにも置いている店があり、私も購読していました。

 

2005年に日本振興銀行の社長に就任。しかし、ここから彼の転落が始まります。

2010年には金融庁から銀行検査忌避の告発を受け、木村剛氏は逮捕されました。2012年に懲役1年執行猶予3年の有罪判決が確定しています。

 

途中からこのようないわく付きの経歴になってしまっていますが、木村剛氏の金融に関する知識・舌鋒の鋭さはさすがです。

 

有罪判決を受けたからといって、その人の著書まで間違っているとか、けしからんということにはならないのだなと思いました。

 

「投資戦略の発想法」において、著者の木村氏は、なんともいえない迫力で、ぐいぐい読者を惹きつけます。この本は少々分厚いですが、サクサクと読めます。

 

なお、「投資戦略の発想法」は2001年が最初で、その後何度か改訂を重ね、2009年6月発売の「投資戦略の発想法2010」が最新となっています。

 

「投資戦略の発想法」は一言でいうと、“良書”や“良心的な投資指南本”という内容になると思います。

 

例えば、木村氏は、投資をするに当たっては、まず生活防衛資金を確保せよと述べています。生活防衛資金とは今の自分・家族の生活費の2年分のことです。

 

もし、今の自分たち家族の1年分の生活費が500万円だとしたら、その2年分の1,000万円を用意すべきとの主張です。

 

この生活防衛資金を別に確保しておいた上で、それ以上に余った金額のみを投資用資金として使用する、生活防衛資金は絶対に投資用には回さないということです。

 

これは、投資は余剰資金で行うべきという、普通によく言われていることですが、木村氏のように具体的に論拠を持って主張されると、目からウロコが落ちるというか、ハッと目が覚める感じがします。

 

その他にも、投資についての考え方がたくさん書かれており、個人投資家にとって非常に参考になる話でいっぱいです。

 

このブログを書くに当たって、私も本書を読み返してみましたが、その内容は現在も全く色あせていません。お勧めの投資本です。

投資戦略の発想法〈2010〉

高配当株の配当金は、まず1か月当たり千円を目指そう!
配当生活は、受け取る配当金だけで生活できることを意味しますが、この状態をいきなり目指すと、はるか遠い目的地のように感じます。 そこで、おすすめなのが、最初は小さい額の達成を目標にするというものです。最初の目標を達成したら、次か...
三菱ケミカルホールディングス(高配当株)
4188三菱ケミカルホールディングス(昔の三菱化学)は、高配当株の一つです。私は現在保有していませんが、監視銘柄としてチェックしています。 ≪追記≫その後、三菱ケミカルホールディングス株式を購入して株主になりました。 本...

コメント