配当資産の状況 2018年11月末

2018年11月末時点で、私の配当資産の状況は、以下のようになっています。

 

[時価ベース]  ( )は構成比

値上がり期待株:2,100万円(45.7%)

高配当株   :2,500万円(54.3%)

————————————————————

合 計    :4,600万円(100%)

 

現時点の予想配当金合計(税引後の手取り)は、

年間113万円

=1か月当たり94,000円(先月末比 同額)

 

取得価格ベースで計算すると、税引後の配当利回りは3.8%となっています。

(税引前の通常の配当利回りは4.8%)

 

なお、高配当株だけではなく、保有する値上がり期待株の一部にも、配当を出している企業があります。

 

私の理想は、税引後の配当利回り4.0%で、これはなかなか高い目標ですが、保有する高配当株の企業が今後増配を行っていくことで、将来的に自然に達成できるだろうと考えています。

 

この11月は、日産自動車のゴーン会長逮捕や大阪万博決定など、いろいろありましたが、徐々に株式市場も上昇のエネルギーがたまってきているように感じます。

暴落や事件があっても、高配当株は減配がない限り、保有を継続していればいいので、気楽です。事件の後も、日産自動車から問題なく中間配当金を受け取りました。

 

12月はボーナス月なので、できるだけ多くの金額を投資に回すつもりです。クリスマスや年末年始で出費が多い時期でもありますが、投資もがんばります。

次の目標である1か月当たり10万円の配当金(税引後の手取りベース)を、早めに達成したいと考えています。

時間(将来の増配)が元本の少なさを解決する
配当生活をするには、多額の元本が必要です。 例えば、1か月30万円の手取り配当金を受け取るためには、税引後の配当利回り3%(=税引前の通常ベースで3.8%)の高配当株を、1億2千万円分保有しなければなりません。 ※1億2...
累進配当ブラザーズ!
配当生活の達成を目指して、高配当株への投資を少しずつ行っています。 その高配当株の中でも、私が累進配当ブラザーズと密かに呼んでいる、大好きな高配当株たちがいます。 累進配当とは、減配せず、少なくとも前年の配当を維持するか...

コメント

  1. 招き猫の右手 より:

    なかなかの配当額ですねー。
    僕はまだまだ無配当の投信が多く、これから有配当ものに移していく予定です。
    やはり年間100万円ほど配当が欲しいですね。
    あとは短期の派遣などで年間100万ほど稼げば家族の生活費はほぼ賄える感じになります。