テンバガー(株価10倍株)まで株式を持ち続けるためのシンプルな方法

テンバガーの株価

テンバガー(株価が10倍に値上がりする株)、実に魅惑的な響きです。

 

めったにお目にかかれないレアな株のような気がしますが、テンバガーは、我々の身近な生活の中でも発見することができます。

テンバガー(10倍株)の候補は、あなたの身近にいる!
配当生活を達成するためには、高配当株への継続的な投資とともに、その高配当株投資に使う投資元本を増やすことが必要です。 そのために、テンバガー(株価が10倍に値上がりする株)を見つけたいと考え、日々テンバガーの候補を探し...

 

ファーストリテイリング(ユニクロ)、ニトリ、ヤフー、セリア(100円ショップ)など、いろいろなテンバガーが存在します。

 

実際、結果的にテンバガーになった株式を、私も一時期保有していたこともあります。

しかし、テンバガーを獲得したことはありません。なぜでしょうか。

 

そう、それは、株価が10倍になるまで待てず、途中の3倍・5倍などで、その株式を売ってしまうからです!

 

株価が上がると我慢できずに、ついつい売ってしまいます。

 

利食い千人力と言うくらいですので、早めの利益確定は決して悪いことではないのですが、

 

後で振り返って、「ああ、売るのが早すぎた。持ち続けていたらもっと上がったのに、もったいなかったなあ」と思う経験を何度もしてきました。

 

これを避けて、テンバガー達成まで、売らずに持ち続けることができる方法について、今回は書いてみたいと思います。

 

人間の心理的な傾向

株価が右肩上がりに順調に伸びている間は、その株式を保有し続けることは簡単です。

ところが、これが少しでも落ちると、とたんに我慢できず売却に走ってしまいがちです。

 

例えば、1株1,000円の株価で200株の株式を購入したとします。購入時の投資コストは、20万円(1,000円×200株)です。

 

それから、順調に株価は上昇して、3倍の1株3,000円になりました。含み益は40万円ですね([3,000円-1,000円]×200株)。内心ウハウハです。

 

しかし、この後、株価はジリジリと下落に転じ、1株2,500円(購入価格の2.5倍)まで落ちてきたとします。

40万円あった含み益は、30万円まで減りました([2,500円-1,000円]×200株)

 

もう、こうなると人間は弱いです。含み益が少しずつ減っていくと、どうしても売りたくなり、売却してしまうことが多くなります。

 

心理的に、この株価が上がってから下がるという動きをされると、我慢できなくなり、利益確定の売りを入れてしまいがちです。

 

そして、自分が売った後、その株式は立ち直り、あれよあれよという間に株価上昇。

株価は高値となって手が出なくなり、買えないまま、眺めているだけ。その間に、株価は上がり続け、ついにはテンバガー(株価10倍)を達成。

 

こんな悲しいパターンも少なくありません。

投資コストを回収するという考え方

上記の心理的な傾向に対抗するためのシンプルな方法があります。

 

それは、「株価が購入価格の2倍になったら、持株数の半分を売却する」という方法です。

 

上記の例だと、1株1,000円で200株を購入した後、株価が購入価格の2倍の2,000円になったら、半分の100株を売却するというものです。

 

購入時の投資コストは20万円(1,000円×200株)で、半分売却時の回収金額は20万円(2,000円×100株)ですから、投資コスト分は回収したことになります。

※単純化のため税金は考慮していません。

 

そして、半分売却したわけですから、もう半分の100株はまだ手元に残って保有している状態です。つまり、この残った100株は、投資コスト分を回収済みですから、実質的に取得価格ゼロの株式になります。

 

このような株式は、「恩株」と言われています。

恩株は、実質的に取得価格ゼロですから、もう損をすることはありません。もし、その企業が倒産して株価がゼロになったとしても、損益はプラスマイナスゼロです。

 

こうなると、心理的にグッと楽になりますね。

 

株価が上がったり下がったりを繰り返しても、投資コストは既に回収済みだと思えば、株価の動きに右往左往して、利益確定の売却に走ることはなくなります。テンバガー達成まで保有し続ける可能性も大いに上がります。

 

自分の経験上も、複数銘柄に投資していると、株価2倍のダブルバガーをつかめる確率は結構ありますので、今後、恩株を増やしていくことを意識して、私もテンバガーをつかみたいです!

まとめ

「株価が2倍になったら、半分売る」

 

この恩株というシンプルな方法で、その後の株価の動きに動揺せずに、優良株がテンバガーになるまで持ち続けることができる可能性が、大きくなります。

 

もちろん、半分を売らずに、全部をテンバガー達成まで持っていた方が、利益はより大きくなるわけですが、それは後から見た結果論でしかありません。

 

途中で売ってしまうという、人間の心理面の弱さを克服するために、恩株は非常に有効な方法だと考えています。

 

今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!

ショウのTwitterアカウント

 

★★★おすすめ記事★★★

●減配しない「累進配当」を長年継続している素敵な企業たち

【2020年版】累進配当ブラザーズ!~減配しない累進配当を続ける企業たち~
2019年12月期本決算会社の決算と配当予想発表が終わりましたので、累進配当ブラザーズを2020年版に更新しました。 2020年版では、累進配当ブラザーズに新たに1社が仲間入りしています。 夢の配当生活を実現する...

●1株から投資できてTポイントも使える便利な投資サービス

SBIネオモバイル証券~まずは1株から投資・日本初!Tポイントでも投資可能~
配当生活を目指すにあたっては、複利の力を最大限に活用するために、できるだけ早めに、若いうちに、投資を始めることが望ましいです。始めるのが早ければ早いほど、将来お得になります。 けれども、投資を始める際に、しばし...

●配当金があれば、生涯年収もグングン増える!

配当金で生涯年収が大幅アップ!~給料が増えなくても、高配当株でカバーできる~
サラリーマンの生涯年収(※)は、平均で約2億円~3億円弱と言われています。 ※就職してから定年までの間に稼ぐ給料(ボーナスを含む)の総合計額 この生涯年収を、配当金によって、大幅にアップすることが可能です。 ...

●日経マネーなど投資雑誌にかかるお金を賢く節約する方法

投資・ビジネス系の雑誌代が節約できる方法
配当生活を達成するためには、投資用元本が必要になります。 この投資用元本を確保するにあたって、貯蓄とともに大きな柱となるのが節約です。 「節約の効果は、投資でお金を増やすのと同じ」ですから。 今回は...
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事が参考になりましたら、はてブして頂けたら嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
投資戦略
ショウをフォローする
Road to 配当生活

コメント