クレステック(値上がり期待株)

7812クレステック(ジャスダック上場)は、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、クレステックを検討します。

値上がり期待株、3つの買いの基準
配当は少ないか、またはゼロであるが、成長途上の会社であって、株価の値上がりが期待できる株(売買益、キャピタルゲインを狙う株)を、私は値上がり期待株と呼んでいます。 私は、以下の基準に該当する値上がり株を購入しています。 ...

 

基準A.業績が好調で成長していること

=原則として、売上高は前年比10%以上、営業利益は前年比15%以上の伸びを2年以上継続していること

 

クレステックの業績推移 単位:百万円、( )は前年比

2017年6月期:売上高14,879 営業利益691

2018年6月期:売上高17,295(16%増) 営業利益800(16%増)

2019年6月期予想:売上高17,800(3%増) 営業利益930(16%増)

 

売上高の伸びも、営業利益の伸びも順調です。儲かっています。

よって、基準Aはクリアです。

 

基準B.時価総額が1,000億円以下であること(できれば300億円以下が望ましい)

クレステックの時価総額は、約50億円です。まだまだ超小型で、時価総額の点からは成長余地が非常に大きいです。よって、基準Bもクリアです。

 

基準C.今後も成長が継続する理由について、何らかのストーリーが描けること

クレステックは、各企業が製造する製品の取扱説明書・マニュアルや、メカニック技術者向けマニュアルについて、執筆からイラスト作成、データ作成、翻訳、印刷などを行っています。

 

対象製品は、例えば、自動車・バイク・エンジン・船舶・コピー機・洗濯機・冷蔵庫・ビデオカメラ・医療用機器・検査機器・医薬品・産業用ロボット・工作機械など、多種多様です。

 

これらの製品の取扱説明書・マニュアルを企業から委託を受け、クレステックが作成しています。この委託企業がクレステックのお客さんです。

 

取扱説明書なんて、その製品をつくった企業が自社で作成すればいいのではないか、と私は最初思いました。

 

しかし、いろいろ調べてみると、取扱説明書の作成には、分かりやすさ・デザイン構成・国際規格への対応・各国への法律への対応・安全性への配慮・専門用語の翻訳など、非常に専門的・技術的な知識が必要なのだと分かりました。

ここに、プロフェッショナルとしてのクレステックへの需要があります。

 

クレステックは、海外にも積極的に進出しています。

中国、香港、韓国、アメリカ、オランダ、ドイツ、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナム、インドなどに拠点があります。

海外での売上高は、クレステック全体の売上高の7割を占める規模に成長し、さらに拡大を続けています。

 

さらに、クレステックの予想配当利回りは約3%もあり、配当の面でも実に楽しみな会社です。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、値上がり期待株として、クレステックは買いと判断しています。

特に、事業の成長・拡大が継続していて、かつ時価総額がとても小さいため、今後の株価上昇余地が非常に大きい点が魅力的です。

現在のクレステックの時価総額約50億円が、10倍になっても時価総額500億円、20倍になっても1,000億円です。どこまで大きくなるか、楽しみでワクワクします。

ジェイリース(値上がり期待株)
7187ジェイリースは、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、ジェイリースを検討します。 基準A.業績が好調で成長していること ...
JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...

コメント