ジェイリース(値上がり期待株)

7187ジェイリースは、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。

 

本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、ジェイリースを検討します。

値上がり期待株、3つの買いの基準
配当は少ないか、またはゼロであるが、成長途上の会社であって、株価の値上がりが期待できる株(売買益、キャピタルゲインを狙う株)を、私は値上がり期待株と呼んでいます。 私は、以下の基準に該当する値上がり株を購入しています。 ...

 

基準A.業績が好調で成長していること

=原則として、売上高は前年比10%以上、営業利益は前年比15%以上の伸びを2年以上継続していること

 

ジェイリースの業績推移 単位:百万円、( )は前年比

2017年3月期:売上高4,121 営業利益337

2018年3月期:売上高5,022(22%増) 営業利益407(21%増)

2019年3月期予想:売上高6,080(21%増) 営業利益490(20%増)

 

売上高も、営業利益も素晴らしい勢いで伸びています。儲かっています。

よって、基準Aはクリアです。

 

基準B.時価総額が1,000億円以下であること(できれば300億円以下が望ましい)

ジェイリースの時価総額は、約60億円です。まだまだ超小型で、時価総額の点からは成長余地が非常に大きいです。よって、基準Bもクリアです。

 

基準C.今後も成長が継続する理由について、何らかのストーリーが描けること

ジェイリースは、賃貸住宅や賃貸オフィスの家賃を保証する事業を行っています。

 

賃貸住宅やオフィスをオーナーから入居者が借りる際に、ジェイリースが入居者の家賃支払いを保証し、入居者はジェイリースに保証料を支払います。

また、ジェイリースは、入居者を仲介した不動産会社に事務手数料を支払います。

 

その後、入居者が家賃を払わない・払えない事態が起きた場合、その不払い家賃を入居者に代わって、ジェイリースがオーナーに支払います。その代わりに、ジェイリースは、入居者から滞納している家賃を取り立てる権利を得ます。

 

このビジネススキームは、ジェイリースが受け取る保証料が、滞納される家賃よりも大きければ成り立ちます。

 

家賃保証をする際に、入居者の信用度をチェックしますし、入居者全員が家賃を滞納するわけではありません。さらに、家賃を滞納しても、その全額が回収不能になるわけではなく、一部は回収できたり、期日には遅れても後々全額を回収できたりということもあります。

ですので、ジェイリースの事業は利益が出ています。

 

ジェイリースは、大分県から始まり、現在も本社を大分市に置いています。東京が本社の会社に比べて、本社にかかるコストは相当低く抑えられていると考えられます。

 

支店を北海道から九州まで全国展開して、大都市中心に事業を行っています。

近年急拡大していますが、まだ未進出のエリアもあり、成長余地がたくさんあります。

 

ジェイリースは、外国人向けの家賃保証や、医療機関に対する医療費保証サービス(※)など、新しいサービスも積極的に拡大しています。

※病院で治療を受けたが、医療費を払わない人の分の支払いを病院に保証する。病院は保証料をジェイリースに支払う。

 

従来、日本では賃貸住宅を借りる際には、連帯保証人が求められることが一般的であり、親子や親族が主に引き受けていました。しかし、高齢者や単身世帯の増加、家族関係の希薄化などで連帯保証人を見つけられない人が増えたことから、法人による保証サービスが生まれました。

近年、この家賃保証サービスは、もはや賃貸住宅市場のインフラであると言うべき存在に成長してきています。

国土交通省の調査では、2010年には、連帯保証人のみ利用の割合が約6割を占めていましたが、2016年には逆に家賃保証サービスのみ利用の割合が約5割に達しています。

 

市場の拡大にも乗じて、上記のように、ジェイリースの業績は拡大を続けていて、今後が非常に楽しみです。

 

結 論

以上を総合的に考慮し、値上がり期待株として、ジェイリースは買いと判断しています。

特に、事業の成長・拡大が継続していて、かつ時価総額がとても小さいため、今後の株価上昇余地が非常に大きい点が魅力的です。

 

現在のジェイリースの時価総額約60億円が、10倍になっても時価総額600億円、20倍になっても1,200億円です。どこまで大きくなるか、楽しみでワクワクします。

ユーザベース(値上がり期待株)
3966ユーザベース(東証マザーズ)は、値上がり期待株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、値上がり期待株買いの3つの基準に照らして、ユーザベースを検討します。 基準A.業績が好調で成...
JT(高配当株)
2914JTは、高配当株の一つで、私も現在保有しています。 本ブログの記事に掲載した、高配当株買いの4つの基準に照らして、JTを検討します。 基準1.配当利回りが3%以上(税引前) JTの予想配当利回りは、...

コメント